永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

富山湾の恵み

庭のしだれ桜も5分咲きになりました。日々花びらは開いてます。休日は、知人を呼んで手料理のお昼の会をしています。先日の魚津のホタルイカの料理の美味しかった話などして盛り上がりました。ブログでは、白エビの話が抜けていましたが、1日が解禁日となり例年並みの漁獲量があるようです。このエビは、魚屋さんの話では今年も高値安定しているとのことです。富山湾特有の海底谷に生息するシロエビは、富山県が世界に誇る幻のエビです。その理由は見た目の美しさだけではなく、富山湾だけということにもあります。体長は6㎝ほど。海中を泳いでいるときや水揚げして間もなくは、透明感のある淡いピンク色をしていて、その姿から「富山湾の宝石」と称されています。

d0133199_13592100.jpg

d0133199_13595755.jpgd0133199_1401656.jpg











白えびの柔らかい殻も刺身で食べる場合は少し冷凍させて、むくのだそうです。面倒を楽しみながら、馳走される北陸の春の味覚は、何と美しいことなのでしょう!
by kuyugengen | 2017-04-08 14:03 | よもやま話