永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2018年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋の野分

風うなる野分に荒れる列島に

               雲重さなりて 雨こぼるなり 

d0133199_12302194.jpg

昨日から台風情報でテレビの報道は忙しそうです。アトリエの稽古も後1日という所でしたが休み、103日に変更しました。台風で予定を変えたことは、長いレッスン生活の中で初めてです。今の所月島は、雨も風も静かですが夜半は大変なのでしょうか?今日は帛紗の仕立をしたり気分転換に「野分」の短歌を詠んでみたり、手紙を書いたりと静かにしています。


きび嵐 みのる稲穂をなぎ倒し

            24号渦の中 ただオロオロとよじれたり





by kuyugengen | 2018-09-30 12:38 | よもやま話 | Comments(0)

松茸鱧しゃぶの日

時雨模様のお昼好例になった和久傳さんの「松茸鱧しゃぶ」の日です。近い方を少し招き美味しいお昼を頂戴しました。落ち鱧で油が乗っています。生麩や松茸・京豆腐も誠に美味しい!鍋座は忙しく汗がにじみます。鱧は葛を引いてしゃぶしゃぶに梅肉と山葵を摺りお好みで頂戴します。後は雑炊で締めとなります。今年も無事にお目もじできて幸せでした。感謝


d0133199_17364222.jpg

d0133199_17364536.jpg

d0133199_17364801.jpg


鱧なべを囲み ゆたかな秋のかぜ

          松茸なまふ京豆腐





by kuyugengen | 2018-09-27 17:44 | 金沢で見つけた新しい息吹 | Comments(0)

稽古冥利と作品紹介

今月の稽古も終盤をむかえています。毎日楽しいお稽古できて幸せです。何をどれだけお教えすることもありませんが、私に会いにきて下さる方々も多い。稽古冥利とはこういうことなのでしょう?定年もなく現役でいつまでも活動できることは、希林さんの生き方にも似ているように思います。まぁいけません。NHKスペシャルを見て感動したので影響されてしまいました。本業の仕覆の完成作品を紹介します。


d0133199_21332534.jpg


明治の繻珍切れで仕覆をつくられています。こうした切れも現在では見なくなりました。昔はこんな地味な文様の帯地も嫁に行く時、実家から持たせられる衣装の一つです。素人の女性は、今のような派手な衣装は着ない時代です。生涯を通して困らない衣装を選ぶ時代であったと思います。

d0133199_21333653.jpg



エキゾチックなトラジャの切れで志野茶の袋を完成されたのは、アトリエでは若い方です。日本文化に似せられて和の稽古が大好きな方です。好奇心お旺盛なお嬢さんです。


d0133199_21334148.jpg

薩摩絣と間道を組み合わせた仕覆は、美しくできあがりました。この方は、私の本を毎回新幹線の中で読み返して暗記するように覚えておられます。真剣で真面目なお嬢さんです。


d0133199_21334735.jpg

数寄屋袋は、京都の織物工房で体験を経験されて小さな織物が完成した話を聞き、「作品になさいょ」とお薦めして「そうですか?」ということとなりできる範囲の大きさの数寄屋袋を完成しました。今日は篆刻の体験もされたというので印のサックをつくり袋もつけられました。とても嬉しそうでした。




d0133199_10442806.jpg

草木染ならではの渋い赤、茶、藍の色が、落ち着いた雰囲気の縦横絣「グリンシン」はバリ島の布珍しい布です。急須の仕覆を付けられていますが、手の位置と口の位置が製図的には両極端になるので、難しい型紙になります。3人のお仲間と入門されましたが、この方は休みもないので流石に上達に目を見張ります。がんばって下さい。









by kuyugengen | 2018-09-26 21:59 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)

曖昧模糊 中秋の名月

d0133199_11010797.jpg


今夜は中秋の名月です。「十五夜」とも呼ばれて江戸時代に、こうしたお月見の風習が盛んになったと言われています。必ずまん丸という訳ではないが、お月見の風習は盛んになり観月会も催されて楽しまれるようです。しかし今夜の月見は天気予報も予想できにくい曖昧模糊な天気のようです


(いく)十度(そたび) 中秋の名月愛できたり

         月への夢は果てなくつづく




by kuyugengen | 2018-09-24 11:04 | よもやま話 | Comments(0)

秋彼岸

d0133199_13004491.png

秋の彼岸の日を迎えると気温も低くなりました。しかし寒さも早まるような気配、小春日和の秋が少しでも長く続いて欲しいものです。この頃になると都心の隅に真っ赤な彼岸花が咲き、墨田川の散歩コースの花壇にも赤と白の花がさきます。私も表参道のマンションの庭に球根を植えたことを思い出しています。秋の色は五行では白なので秋の風を“色なき風”と表現して短歌を詠んでみました。



彼岸花 赤しんしんと咲き誇る


           色なき風は こころよきかな





by kuyugengen | 2018-09-22 13:06 | よもやま雑宝帳 | Comments(0)

破れ傘に思う

d0133199_10553617.jpg

秋の時雨は、何処か嬉しい気のするものです。蒸したコンクリートに雨があたると、ほのかに雨の匂いを感じる。植物の中に「破れ傘」という名の野草があります。花は夏に咲き嬉しい花!葉は長い寿命があり茶花にも重宝します。そんな破れ傘の短歌を詠んでみました。


破れ傘さして喜ぶ秋の雨


             音なき雨に傘ぬらすとき



 


by kuyugengen | 2018-09-19 10:57 | よもやま話 | Comments(0)

切れ表具のおもしろさ

d0133199_13071944.jpg


16日からお稽古も始まりました。アトリエの壁には、唐織の断片の一部を掛軸として仕立てこの月を楽しんでいます。フウタイの部分は、唐織に使われた色をそれぞれ細く使いあしらい切れは断片らしく自然のままに・・・!こうした軸は、壁にもよく似合い重宝に使える楽しさがあります


d0133199_13072146.jpg


(きせわた)綿をくるみて菊花夜もすがら


          あしたの君は若ゆばかりに





by kuyugengen | 2018-09-18 13:10 | よもやま話 | Comments(0)

浜離宮恩賜庭園へ散歩


秋風そよぐ昼下がり金沢からお嫁さんの来訪です。お昼を作り友人を誘い昼食を共にしました。


d0133199_17261071.jpg

食後近場にある浜離宮公園へ散歩、高層ビルの下に広がる庭園を散歩しました。ビルを背にして仰ぐ庭園も都心ならではのものです。花園は今を盛りのコスモスが色とりどりに咲いています。花の手入れも下草を刈り取らなくては立派な花は咲かないそうです。東京には沢山の名所があります。私は近場で行ける心地良い場所を見つけて楽しみたいと思っています。疲れない旅が一番のように感じています。一休みして日本橋の千疋屋本店へ行き沖縄産のマンゴウパフエをご馳走。沖縄産は宮崎とは少し違いを感じましたが、水みずしさが豊富、これも美味しかったです。




d0133199_17262595.jpg





d0133199_17261933.jpg


d0133199_17262867.jpg



d0133199_17264266.jpg

涼風(すずかぜ)にコスモス揺れる花畑

           秋のさくらに心たゆとう



d0133199_17263811.jpg


d0133199_17264787.jpg


by kuyugengen | 2018-09-12 17:43 | よもやま話 | Comments(0)

白露から重陽へ

d0133199_14303144.jpg


98日は白露の日、連れ合いが亡くなって早や7年目、趣のある日に召されました。白露の日から暑さにも少しずつ終わりが近づく季節の変わり目です。9日は重陽と暦の上でも秋の気配を感じるものですが、今年はまだ猛暑日が続いているので閉口頓首の年のようです。重陽を思い出しながら歌を詠んでみました。



白露(しらつゆ)もこぼさぬ萩に玉うけて


          咲き競う花に 秋風そよぐ




by kuyugengen | 2018-09-09 14:32 | よもやま話 | Comments(0)

北海道大震災

d0133199_17035058.gif

北海道大震災が起きたのは、ほっとする間もない災害でした。何と災害の多い夏なのでしょうか?土砂崩れ・木々の押し流された映像を見るのはこの所再々あります。震度7となると犠牲者も多い。地震大国日本は昔から、大地震のことを大地震(おおなゐ)と呼び短歌にも多く詠まれています。自然の脅威の恐ろしさは文明の果てなる脅威皮肉なものです。皆の力で、できる限り地球を優しくいたわり安全に住める環境をつくりたいものです。



大地震(おおなゐ)の大きな力は人を呑み


             文明壊れあとかたもなし



by kuyugengen | 2018-09-06 17:09 | よもやま話 | Comments(0)