永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

沢の蛍

d0133199_10023786.jpg

刻々と暮ゆく(とき)を追いかけて

          蛍狩りするたまゆら儚し

d0133199_15310478.jpg


ゆうざりは蛍光りて乱舞する

          伊賀のやま里水は甘しや




伊賀窯の福森さんのお宅へ行ったのは、もう何年か前のことです。今では蛍が多くでる年とそうでない年があるようですが、私達が大勢で行った時は、「珍しいこんな蛍見たこともない!」と驚かれるほどの乱舞でした。手のひらにも沢山寄ってきたのを今のことのように覚えています。そんなことを思い出しながら歌を詠み絵を描いてみました。




by kuyugengen | 2018-05-11 10:08 | よもやま話 | Comments(0)

あじさゐの花・杜若・蛙


若葉寒とでもいうのでしょうか?とても寒い日が続きます。今まで牡丹の花をたくさん描いたので、あじさゐの花と蛍の絵を描いてみました。街を歩いていても紫陽花の粒が段々大きくなっています。この時期は、花を追いかけるのも盛りが早いので忙しいことです。私の絵を見ていると友禅のような絵のタイプになる?キモノが好きな精でもあるのでしょうか?先日日本橋の展示会場に出雲和紙の安部榮四郎さんがお見えになり販売されていたので、黒の和紙を求めました。今回描いてみましたが描きやすい和紙でした。

d0133199_17481054.jpg

あじさゐのつぶひろがりて毬となり


藍のつゆけき花の彩り


d0133199_08191548.jpg

あじさゐや人の心も花の色

          移ろいやすき色かわりせし

d0133199_08192740.jpg

d0133199_08193386.jpg


d0133199_09122810.jpg



by kuyugengen | 2018-05-09 17:52 | よもやま話 | Comments(0)

牡丹の花


今日は久しぶりに牡丹の花を描いてみました。牡丹の花は島根の県花です。大根島は不昧公の発案で朝鮮人参を栽培していた小さな島です。この時期になると島一面は牡丹の花で芳しい香り、海外への輸出も盛んに行われるようで豊かな島のようです。牡丹の花は古語で「深見草」と言われて歌にも多く詠まれています。




d0133199_16531636.jpg



春の宵さくらさくらと酔いしれて

            さくら忘るる深見草かな


by kuyugengen | 2018-05-07 16:55 | よもやま話 | Comments(0)

GINNZASIXの屋上庭園

d0133199_08110739.jpg

昨日は銀座へ出かけましたが、暑い日で驚きました。観光客も多く、人の波ができていました。GINNZASIXへ寄り屋上ガーデンで休憩。緑も多く広い贅沢な庭園がありました。至る所に座れる場所もあり眺めもよく、また埜の花も沢山咲いています。混んだ日は、日陰の椅子を探すのは難しいですが、広い場所なので昨日は大丈夫でした。しかし寒い暑い日が多くなったこの頃は、心地良き日を選ぶのが難しくなったようです。そんな訳で汗の流れる五月の午後でした。


d0133199_08110004.jpg

d0133199_08111069.jpg

d0133199_08111525.jpg




by kuyugengen | 2018-05-06 08:16 | よもやま話 | Comments(0)

重五の節句

d0133199_18345312.jpg

端午の日健やかなりしと みどり()


             兜かざりてけふを寿ぐ




by kuyugengen | 2018-05-04 18:36 | よもやま話 | Comments(0)

うぐいすの思い出

d0133199_18375042.jpg


金沢泉野町は駅からも近い町ですが、5月から初夏に向かい鶯が鳴き、驚き目が覚める日があります。近くにあるお寺の竹やぶに住んでいるのでしょうか?見たことはありません。5月の朝の楽しみでした。



泉野に初夏を告げたる うぐいすの


         あしたの歌に幼きもあり

d0133199_18365755.jpg


by kuyugengen | 2018-05-02 18:39 | よもやま話 | Comments(0)