永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

金沢への移動


d0133199_20372462.jpg


明日から卯月段々と春の足音も近づきます。暦をめくるのは、とても早く季節を分けるという節分も直ぐそこにある!私は日頃から鬼さんが好きです。それは鬼と仲良くなれば怖いものも苦手なものも無くなるからです。私のアトリエでは目につく壁にひょうきんな鬼さんがいます。今年は67粒・数えで69粒食べようか?と柔らかい豆を升に入れています。金沢は3日に移動します。お会いするのを楽しみにしています。

d0133199_2040528.jpg

by kuyugengen | 2016-01-31 20:39 | よもやま話

お稽古便り



今日は月島1月の稽古も最終日です。伊賀からお出での福森さんは、「ここへ来るのが一番楽しいです。」と朝も早くからお出でになります。2日間の連続稽古ですが、今日も福森雅武氏の茶入の仕覆を完成されました。夫婦での芸術を完成なさるので購入者もさぞ嬉しいことでしょう。少し変形の茶入なので製図を慎重に確かめながら素晴らしい作品が完成しました。

d0133199_1527356.jpg

月島での最初の挨拶は、「先生たいへんです。道歩がえらいことですわ!盆と正月がいっぺんに来たようです。〝すごいぞ土鍋”の本が10刷りになり、台湾版も発売とのことです。」新本の紹介にと1冊下さった。良いことは続くものです。明るいニュースを聞き私も嬉しい。道歩ちゃんこれからも気張って羽ばたいて下さいね。

d0133199_16483141.jpg


もう1点の作品は、竹の花入です。トルコ旅行の思い出、特大サイズの数寄屋袋(明治期の繻珍切れ)と花入の袋を創り2点完成です。器と切れの相性を考えるのは楽しいですね。。

d0133199_15321654.jpg

d0133199_15375293.jpg


お友達に頼まれた数寄屋袋も完成しました。上田流のお茶を嗜まれているお嬢さんなので私も初めて経験することもあり勉強になります。各流それぞれ特徴があるので巾広い学びがあります。

d0133199_15515179.jpg
d0133199_15521248.jpg


遠州流で稽古されている奥様は、まだ4ヶ月目です。帛紗と2個目の仕覆を創られました。家事とお勤めをしながら休日のひと時を楽しんでおられます。御物袋は縮緬が稀になったので、薄地の更紗で製図を変えて創っています。
by kuyugengen | 2016-01-31 15:42 | アトリエの製作品

土曜日の稽古


今日は日曜日の稽古です。昨日の雪情報が外れたので〝よかった・よかった”のご挨拶です。比較的若い方々が多い日です。金沢の稽古場から結婚を機会に月島に移られたお嬢様も東京に馴染み楽しそうに稽古されています。金沢の方々もいつも心配されていましたので今回ブログにアップしました。

d0133199_14273886.jpg
d0133199_14275625.jpg


旧姓中島さんから江口さんとなられました。今日は夏の硝子の茶垸を完成されました。横封じ結びに結んであります。雪のような雰囲気の仕覆になりました。

d0133199_15155735.jpg


もう1点の完成品を紹介します。N女史のつくられた黄瀬戸の振り出し表切れ間道・裏吉岡先生の鬱金染はんなりとした雰囲気になりました。

d0133199_18341712.jpg
d0133199_18344398.jpg

by kuyugengen | 2016-01-30 14:30

朝のおやつ


d0133199_20151851.jpg


アトリエでは、毎回午前・午後に抹茶とお菓子を用意しています。今月は初稽古ということもあり午前に善哉を用意しています。寝る前に保温容器を使い大納言に熱湯を注ぎ朝まで置く。まだ少し小豆は固いので鍋の小豆が柔らかくなるまで炊く。柔らかくなれば氷砂糖を溶かして出来上がり・白玉団子も急ぎ丸める。簡単なことですが、毎朝なので忙しい。しかし皆さん食べたかったの!と言ってもらうと嬉しい私なのです。
by kuyugengen | 2016-01-27 20:24 | お菓子

冬日之温


1月26日息子夫婦が里帰り・月島に寄ってくれました。夕方7時に来るというので、私は稽古が終わり急ぎ料理を作り濁り酒で一献。よもやま話に花が咲いた。今日は温度も高くよい天気でよかったです。母の味・おばんさいですが、とても喜んでくれて嬉しかったでーす。

d0133199_239489.jpg

by kuyugengen | 2016-01-26 23:09 | よもやま話

1月の定期健診

d0133199_18361099.gif


私の担当医の外来診療は月曜日です。今日は新年度ということもあり混んでいます。早朝早く行き10時半には帰りたいと思いましたが、12時過ぎの帰宅です。稽古日なので娘にすまないと思いながらも遅くなる。健診結果は横ばいです。先月は鉄分が不足していたので民間療法の好きな私は、鉄瓶のお湯を飲み・プルーンを朝夕食べてみた。データを見るとOKです。塩分も良く血圧も低いので今日も??でした。今年もボチボチボですが頑張ろう思いました。
by kuyugengen | 2016-01-25 18:47 | 与えられた一病の楽しみ方

NHKの初稽古



大寒に入り報道番組は雪情報が多いこの頃です。今日は3人の欠席がありました。風邪が流行しているので心配なことです。今日は2人の完成作品があるので紹介します。黒一点で黙々と頑張られているT氏は利休型の棗が出来上がりました。小さい作品なので大丈夫?と思いましたが美しい出来栄えです。次回の唐津の茶垸の仮縫いも始められて嬉しそうです。

d0133199_19235345.jpg


もう1点は、初めての手作り・煎茶を習って居られる方なので、茶心壺の仕覆を作られました。お流儀では仕覆が必要なので是非作りたいと思い入会された方です。針仕事は苦手とおっしゃる方ですが、とても綺麗に仕上がりました。NHK文化センターで午前は煎茶・午後は仕覆と続くので「お疲れになりませんか?」と伺うと「楽しいから疲れません」とおっしゃる。良かったですね。

d0133199_19295457.jpg

by kuyugengen | 2016-01-23 19:24 | アトリエの製作品

アトリエの模様替え


d0133199_8213419.jpg


金沢から帰り8日間の休日がありました。その間、梱包品を解きアトリエの模様替え、大きな水屋箪笥を移動して整理収納を終えた所です。お陰で気持ちも新になったよう!あらかじめ寸法を測り配置したので、居間の模様替えも思い通りに納まりました。1本の杉材で造った贅沢な水屋箪笥と切れの収納箪笥を並べると、落ち着きもあり雰囲気も良い。切れを合わせる時と同じように家具も造り手と材料を統一すると、しっくりするものです。壁に横一に並べると不思議に狭くなった感じはない。狭いスペースは、とかく家具が邪魔にされるこの頃ですが、木の温もりはやはり素晴らしい!マンション生活でも家具は大切だと再発見しました。初稽古は23日・NHK月島は24日からです。集いの場が充実するのは、又みなさんに喜んで貰えるので私も嬉しいです。

d0133199_8223046.jpg
d0133199_8224576.jpg

by kuyugengen | 2016-01-23 08:27 | よもやま話

比叡山の雪の絵


久しぶりに加藤静允先生のスケッチを見ています。今年は暖冬ですが1999年の1月は比叡山は初冠雪であったようです。おそらく陽・陽・陽年の兎歳ではなかったかな?と思い出しています。毎日目に入る比叡の山の景色もこの日は特に神々しく感じられたのでしょう。お得意の景色です。筆の運びもゆったり感じられて心地よい。〝この下に生まれ多分この下に死す一生物の僕”と結んである。なんと素晴らしい!

d0133199_17114033.jpg


はやりカゼ 予防のおまじない・玄関に子供の名前をかいて・るす・とかいて逆さまに貼るのです。
 カゼの子鬼の神さまは・屋根から屋根へつめたい風にのってとんできます。そして小屋根につかまって家の中をのぞきます。そうすると〝たっちゃん留守”と書いてあるのをみて、あ、るすか おらんかったらしゃあないと次の家に行きます。先生の子供時代はこのような貼り紙を貼った家が多かったそうです。ロマンチックな京のお呪い とても高尚な漫画でもある。

d0133199_1720878.jpg

by kuyugengen | 2016-01-17 17:11 | よもやま雑宝帳

初稽古のお菓子



新年のお菓子は、吉はしさんの〝丹頂”という「蓬餡」のお菓子です。形も纏まりがよく又中の餡は緑も鮮やかです。配達時にご主人に餡のことを尋ねると、去年の新芽の蓬を家族で摘んだりそれ位では足りないので、業者に頼むそうです。その蓬を色良くして冷凍温度に気を使いながら餡の材料を確保なさるそうです。こうした主菓子を創ることは並大抵の仕事ではないようです。

d0133199_20222113.jpg

by kuyugengen | 2016-01-13 20:22 | お菓子