永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ごあいさつ


d0133199_11293482.jpg

                              猛暑お見舞い申し上げます

何んと暑い毎日でしょう。茶事も済み金沢から帰り今月島の稽古をしています。朝から猛烈な日差しですが皆さん遠方よりお出で頂いています。たくさん笑い元気にお帰りになります。私は夕方ウオーキングも休み、身体を休めることに専念しています。去年は頑張ったのに・・・・・!とちょっと淋しい気分!昨日青ちゃんに「頑張りましょう半分にしてでも」と誘われその気になった所です。私の性格では皇居1周できる気がしています。
by kuyugengen | 2015-07-21 11:47 | よもやま話 | Comments(0)

亜希乃デビューの日


早朝より世界文化社の撮影がある日です。永井亜希乃・著・飾り結びの〝お手軽な教本つくり”です。彼女にとって初めての経験で親としては少し心配もありましたが、1日息つく暇もない忙しさです。しかし面倒な手元の撮影も快調に進んでいます。明日は今日の続き・後はスタジオ撮影という手順です。今回の趣旨は〝若い方にも是非挑戦して欲しい”という新しさを念頭に置いて編集しているようです。秋10月発売予定です。本の撮影は時間に余裕がなくハードな仕事ですが頼もしい仕事振りをみていると嬉しい世代交代を感じます。娘の本もどうぞよろしくお願いします。

d0133199_17423217.jpg

by kuyugengen | 2015-07-14 17:52 | よもやま話 | Comments(0)

それぞれ顔の表情


茶事の表情はみなさんいつも幸せいっぱいです。お客様の笑顔・料理人の真剣な顔・の半東の木瀬君・お茶を点てる表情・今回娘も応援に駆け付けました。皆さまのお蔭で茶事を行うことができました。

d0133199_13331160.jpg








d0133199_14141117.jpg

d0133199_14183628.jpg

d0133199_14192541.jpg





d0133199_14195069.jpg

by kuyugengen | 2015-07-12 13:39 | 茶事 | Comments(0)

七夕の酒


七夕に選んだ酒は、越後“越の誉”雪室貯蔵酒と特別栽培米を雪室の中で熟成したという酒を使いました。向で一献・強肴で一献・焼物で徳利・石杯となり八寸で一献と杯を重ねる酒の味は美味なるものです。

d0133199_15345744.jpg


12日まで稽古して13日に東京に帰ります。七月は忙しい月でした。19日から月島の稽古も始まります。どうぞよろしく。
by kuyugengen | 2015-07-10 15:37 | 茶事 | Comments(0)

七夕のお菓子


4日間晴天を保ちましたが、今朝は待ちかねたように雨も降り、蒸し暑さを感じます。茶会でお出した主菓子は、吉はし製の「星に願いを」薄茶席の干菓子は私の幼い頃お婆さんが折っていた〝糸くず入れのタトウ紙の立体・折り紙を菓子器に見立て笹・と糸巻型の落雁2種を忍ばせました。この思考は人気があり定番のお持て成しとしています。

d0133199_1940332.jpg

d0133199_1939228.jpg
d0133199_1939279.jpg

by kuyugengen | 2015-07-08 19:40 | 茶事 | Comments(0)

乞巧を愉しむ会の記録

d0133199_1092221.jpg


梅雨の晴れ間なのでしょう。今年の七夕の会は蒸し暑さもなく過ごしやすいお日和。おそらく天帝さまのご機嫌もよろしいのでしょう。星空に感謝を込めて、寄り付きはミラーワークの敷物です。

d0133199_10172420.jpg

お客様も遠路から笑顔いっぱいでお集まりになりました。私も4日連続の茶事は若い頃以来初めてのことです。気持ちを〆て頑張りました。

d0133199_10203038.jpg
d0133199_10205360.jpg


d0133199_10255474.jpg

d0133199_10261767.jpg
d0133199_10265569.jpg


今年は最後の茶事ということもあり、少し新し提案をと考え九游席の七夕飾りを工夫しました。年月を重ねた会なのでマンネリにならないようにと心がけましたが段々引出の中身も少なくなりました。
d0133199_10315821.jpg
d0133199_10322749.jpg


蓮を模した大水指は故・吉田明先生の大作。蓋を細密に合わせた手技は、なかなか再現できない指物師の卓越した腕と技。氷をたっぷり張り水点てを愉しんでみました。

d0133199_10353721.jpg

d0133199_10363028.jpg

d0133199_10375455.jpg












花のないこの頃ですが、運よく〝利休草・松明草”が本席の釣り花として使えて嬉しく思いました。花入は半東をしている金工作家の木瀬浩詞さんの作。花映りの良い花器です。

d0133199_10593750.jpg
d0133199_1102337.jpg
d0133199_11118.jpg


炊き合わせは、蔕紫茄子のオランダ煮・小芋の旨煮・車海老の沢煮・隠元・針柚子添えて夏野菜の爽やかな煮物です。八寸には、金沢の珍味・鰤の干したもの。出世魚のブリは大きさによって名が変わり、地方によって呼び名もさまざまです。関東地方では、中くらいのブリをイナダと呼ぶ、しかし石川県で「いなだ」といえばブリを干した高級珍味のこと。現在では、いなだは脂が適度に落ちながらも身が肥えた極寒のブリ・油が少し落ちたものを集めるそうです。薄くスライスし凝縮されたうまみと香ばしさがあり、極上の酒の肴として珍重されている。金沢の挨拶の中に「新物の鰤が届きました。」としゃれた言葉使いが残っているそうです。焼物には、犀川上流に遡上した鮎・聖牛の文様の染付加藤静允氏の大皿に盛りました。濃厚な蓼酢を蓮華に入れて・・・・!4日目の茶事が始まる前に急ぎブログを書くことができました。今日もがんばります。

d0133199_18115220.jpg



d0133199_18125492.jpg


最終日の七夕の会も無地に終わりました。みなさんの沢山の笑顔を置いてくださったので余韻に浸りながらの夕べを過ごしています。今日も後ろ姿でご挨拶。次回は10月重陽の茶事でお目にかかりましょう。
by kuyugengen | 2015-07-07 10:46 | 茶事 | Comments(0)