永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2014年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

歳末よもやま


d0133199_1028862.jpg

第4土曜日・年末の忙しい中欠席もなくNHK青山教室へ出席頂きましたこと感謝します。今年もパーフェクトに仕事ができた喜びを感じています。病院の検査も「横ばい」を保ち、悪くならなかったことに感謝です。今回Drとの会話の中で私は腎嚢胞(じんのうほう)という病気もあるので、来春、この病気が難病指定されて良い薬が開発されたとのこと(嚢胞の中の水を抜くことが可能になったということです。)おそらくこの治療の利点は腎機能値の低下を遅らせることなのでしょう。しかし難し治療なので少し危険も伴い2週間の入院が必要となるようで悩むところです。話は変わりますが銀座を歩いていると、和光のショーウインドウは羊がいっぱいいます。皆後ろ向きで並んでいますが、一頭だけセンサーが作動すると前向きになる。〝素晴らしい羊”毎月楽しみに見ている素敵な意匠です。
by kuyugengen | 2014-12-28 10:35 | よもやま話

稽古も24日で仕舞いとなります。元気に暮らしたことに感謝です。今月は風邪さまの流行で急な欠席者も多く人数組も難しい月でした。今日はクリスマスも近いので少し早めのお祝いの昼食を共にしました。のんべいも中においでになったので甲府のオリジナルワインで乾杯!ほんのり頬を染めてのお針仕事です。とても楽しいお昼でした。

d0133199_13265279.jpg

by kuyugengen | 2014-12-22 13:27 | よもやま話

日々の糧


d0133199_11102658.jpg

今年から始めたウオーキングですが、夏そして冬の腎もこの調子で行くとなんとか頑張れそうな気がしています。“与えられた一病を楽しむ”のカテゴリーに書くことで励みになり、ひと月に20日程歩いています。診療所へいっても「足の筋肉が若いですよ」と褒めてもらうので嬉しい。遅ればせのトレーニングも間に合ったと実感しています。金曜日の皇居一周は青ちゃんという私の弟子が毎回一緒です。年は親子程違いますが、気の合う“晴れ・ハレシsisters”いつも奇声をあげてのスタートです。そんなことで心身共に若やいで居ります。お茶をなさる方は、くれぐれも足が弱らないよう日々の鍛練を怠りないようにして下さい。寒中であっても腎臓病に負けないようがんばろうと思っています。
d0133199_1059051.png
d0133199_1194211.png

寒いこの頃ですが、日々鍛錬のお蔭でしょうか?薄着でも歩き出すと直ぐ汗がにじむ。代謝がよくなったということでしょう。12月お弟子さんは、お風邪をお召になる方々が多くありました。しかし私は難病もありながら今の所、克服しています。〝横ばい”を維持することの難しさもよく理解できました。気力と養生は車の両輪であると感じられた年の暮れです。
by kuyugengen | 2014-12-21 10:59 | 与えられた一病の楽しみ方

祈りに満ちた第九演奏会


d0133199_2345596.jpg

私のこころの中の師走は、こんな所にありました。交響曲第九番を聴きながら年の瀬を迎えることなど初めてのことです。とても幸せを感じた夕べでした。第一楽章の神秘的な雰囲気から始まり楽章ごとのさまざまな苦悩や歓びを表したメロデイは続き、フィナーレの「歓喜の歌」で全ての者は兄弟と合唱は盛り上がる。佐渡裕氏の指揮で、ケルン放送交響楽団の演奏。日本人の混成合唱団をバックにソリストであるテノール・ソプラノ歌手はドイツ語による美しい歌声は重厚でした。音響の良いサントリーホールならではのゴウジャスな雰囲気に酔いしれる。佐渡裕氏のタクトさばきは、まさに神さまが乗り移ったかのように高まり観客の拍手の渦は、いつまでも鳴りやまなかった。全楽章を聴いて感じたことは、さすがにベートーベン。人生感や年齢によっていろいろ感じ方も違う不思議のある曲であることを深くした。哲学的である深い旋律の中に毎回聴く度に感じ方は異なる面白みがあるように感じられました。来年に備えて大きな元気をもらったこの演奏会は歓喜に満ちていました
by kuyugengen | 2014-12-16 23:53 | よもやま雑宝帳

金沢稽古納め


d0133199_94056100.jpg

今日は朝ねぼうしました。予定は片付けとなっています。これは私にとって休日ということです。夜は友人との忘年会楽しみにしています。明日から稽古・13日に帰宅して14日から25日まで東京の稽古です。毎月ハードなスケージュールを良くがんばれたとこの頃は思う。金沢は2月まで休みます。3月新幹線に帰りだけでも乗ってみたいと考えています。
by kuyugengen | 2014-12-10 09:47 | よもやま話

毎年体調に不安を感じながら今年もクリスマス茶会で茶事納めとなりました。みなさま方のご協力のお蔭です。そしてたくさんの笑顔で喜んで頂きました。今年はいつになく感慨深い思い出が残りました。今朝は小雨模様でしたが穏やかな北陸日和です。庭の枯れ枝に雨露もとまり真珠のように輝いています。みなさんと茶会を愉しむことができたこと嬉しく思いました。

d0133199_19325140.jpg


懐石・濃茶席・茶筥席では時を忘れて夢の世界へ誘いました。銭屋のみなさん・草取り洗い物の浦さん夫妻
半東の木瀬君みなさまのサポートのお蔭でございます。ありがとう どうぞよいお年をお迎えください。
by kuyugengen | 2014-12-09 19:40 | 茶事

昨日エムザからタクシーに乗り帰る車中、運転手さんと話した。「明日も降るかしらこの雪・・・・!」「お姉さん今日の雪はションベンみたいなもんですわ。今夜から50cmは降るはずです」と自信満々。私は「悪いけど明日は一粒も降らないと思うょ」と言い返した。幸い起きてみるとお天気です。陽も射しかけています。バンザイです。12月初旬の大雪は経験がない。老夫婦2人の雪かきは重労働です。「もういいか?」と確かめて綺麗に雪をかいて下さったこと感謝します。

d0133199_18561349.jpg

雪の下の陶片は薄氷が乗っています。ホースの水で根気よく氷を剥がすは私の仕事。こんなに頑張ったのに夜は深々と雪は積もりました。朝は又同じ作業の繰り返し心を込めてみなさまをお迎えしました。

d0133199_1921035.jpg
d0133199_1925581.jpg


いつもながらの飯炊きです。今日は銭屋さんのご主人に「上手いもんですゎ」と褒められ嬉しかったでーす。昨日フランスの出仕事から帰られたばかり、とてもタフな主人です。

d0133199_1933789.jpg
d0133199_1954790.jpg

久しぶりの茶飯釜の茶事に緊張しました。でも好きなんですね。お客様の笑顔についほだされます。亭主客共々に幸せを感じます。寒い日の茶飯釜の茶事は、日本人らしいお持て成しです。

d0133199_19164484.jpg

     私の茶事は、にじり口を通った瞬間気持ちが和らぐと云って下さる。何んと幸せなことでしょう。

d0133199_10572420.jpg

本日の主菓子は、吉はしさんの〝降誕祭”という特別製の〝きんとん”です。長年の付き合いとなったのでお互い阿吽の呼吸になりました。

d0133199_19224929.jpg
d0133199_19381889.jpg


薄茶席の花は山帰来の実とペラです。ペラの長い枝垂れは金沢でも一人しか作っていないとのことです。常設の弓矢の靫に良く似合います。毎回垂れ物のお手配に感謝です。

d0133199_1939225.jpg

ミラーワークの道・今日のお天気は最高でした。銭屋さんにも〝凄いでしょ?と笑顔で囁いたら「できない技です。」とお答えが帰る。遠く天草・熊本・東京の方々のお集まりです。雪のお迎えも今となれば良い思い出。八百万の神さまありがとうございます。
by kuyugengen | 2014-12-07 19:26 | 茶事

茶事前日の平常心


ホワイトクリスマスの歌はロマンテイック!しかし正装でお出でになる方々のことを考えると空はうらめし・・・!春の淡雪のような綿のような雪。陽も射してきました。明日の雪は大丈夫のような気がして居ります。
d0133199_105009.jpg



d0133199_10504898.jpg

            ニコライバークマンのリースと桃山時代の洋櫃を玄関に飾りました。
by kuyugengen | 2014-12-06 10:54 | 茶事

初冠雪


d0133199_1643928.jpg

金沢に着くと珍しく雨が降っています。夜は冷えました。寒波の襲来です。しかし今朝は元気に塵出しをしてパソコンとにらめっこで道具出しをしました。およそ飾り終わったので午後は懐石の道具の用意と会記・献立表を書いて〝おやつ”です。夕方は親しい方と、福光屋本店に酒を買いに行く。いつも用意を始める時は、おっくうですが始めだすと早い。頭の中でみなさんの喜ぶ顔も浮かんでくる。何と4時過ぎから淡雪がチラチラ・・・!葉っぱもすっかり落ちた枝垂れ桜の枝に六つの花が満開になり美しい。今回の茶事はホワイト・クリスマスの予感

d0133199_15171244.jpg


茶事前日の景色は銀世界です。初めての初旬の雪の経験はありません。今日から雪かきをお願いしました。しかし雪の日は風がないので体感は少し暖かい。深々と雪が降っています。
d0133199_8563268.jpg








d0133199_8565569.jpg

by kuyugengen | 2014-12-05 15:23

神迎神事


d0133199_10341952.jpg

小春日和の今日久しぶりに自分の時間がとれたので青空の中を歩きました。まず日本橋三越に茶事に使う米を買いに行く。店内をぶらぶらして師走の賑わいを感じて、私も手頃で使いやすいショルダーを見つけて購入した。デパートと言えども欲しいものが無くなった自分を不思議に感じる。向い側にある島根館にも寄り、石州和紙の巻紙を取りに行った。インフォメーションの女性と待ち時間話をしていると「今年は神在り月が遅く、大社さんは12月1日が神迎祭だったんです。今年は珍し日程ですゎ」と教えてもらう。「道理で出雲は天気予報で雪が降る」と言っていた。2日神在り祭・旧歴10月17日と26日の2回にわたり、神々をお送りする神事も行われるそうです。17日は大社からお立ちになる日、26日は出雲の国を去り給う日ということのようです。年々神々の神通力も力が薄い昨今ですが、地球の安寧を祈り願いたいものです。帰りは電車で銀座に移動して福光屋さんで今月のお酒の吟味・夕方青ちゃんと忘年会です。二人は、ほろ酔い気分で月島まで歩いて帰り爽快でした。
by kuyugengen | 2014-12-03 10:39 | よもやま雑宝帳