永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


数寄屋袋も数多く創りました。今日はシンプルなタッサーシルク(印度ムガ)です。絹糸になる蚕は家内で育てる〝家蚕”とタッサーシルクような野蚕の二種類の繭があります。タッサーシルクは沙羅双樹(さらそうじゅ)やアルジュンという樹の葉を食べるので葉の色の濃淡・織り上がりに面白い変化を楽しむことができます。光沢は強めですが、いやらしさはなく素晴らし糸質であると感心します。ワンポイントに手毬花を結んでみると、より効果的なコーデネートの袋ものが完成します。

d0133199_180493.jpg

by kuyugengen | 2014-07-31 18:02 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)

7月のお菓子


今月のお菓子は福井の羽二重餅で有名な昆布屋孫兵衛のお菓子です。翡翠色の餡の中にマスカットが入っています。私は〝翡翠の衣”と銘してみなさんにお出しています。この月限定の儚いお菓子ですが、一時の暑さを忘れる快いお菓子です。

d0133199_15382825.jpg

by kuyugengen | 2014-07-27 15:38 | お菓子 | Comments(0)

誘われて〝皇居1周”


d0133199_21544614.jpg

毎日たのしく歩いてる話をしました所、若いお弟子さんのお一人が「会社帰りの7時桜田門で待ち合わせて皇居1周私もあるきたいゎ!」とメールを頂く。快くOKしてスタートです。左は皇居の森・右は外国のような高層ビル群「何でしょう・・・この対照的な景色・・・・!」とご満悦です。お堀沿いを歩く景色は素晴らしい。勢のよいランナーさんには直ぐに追い越されてしまう。元気な人々とすれ違う喜びは嬉しいものです。雨の日の2日間は休みましたが今の所継続しています。日めくりをめくる度に夏の体力が付いてきた感じを得ています。私にとって努力は金★のようなものです。また来週も是非と笑顔で別れました。
d0133199_221299.png

by kuyugengen | 2014-07-25 22:15 | よもやま話 | Comments(0)

信州大学腎臓内科の親切

d0133199_15223128.gif

ふと開いたHPに「信州大学腎臓内科」という検索を見つけました。なかなか親切な回答です。「メールでの問い合わせ」欄も用意されていました。私は夏野菜の美味しさに、ついカリウムをとり過ぎる自分に気が付きメールで問い合わせてみました。数日後、丁重で詳しいお返事が届きこれは感激です。長文なので一部の内容を紹介します。「血清カリウム値は、食事や飲み物などに含まれるカリウムの摂取量と体外への排出量のバランスによって決まります。体外へのカリウムの排泄は、主にカリウムを尿中に溶かした状態にして腎臓を介して行われます。貴女の腎機能は、おおよそ腎機能としては正常の30%を切っている状態と考えればよいと思います。腎機能の低下に合わせてカリウム排泄能力も低下している可能性が高いので、排泄能力以上のカリウム摂取があると血清カリウムは上昇します。野菜などは、細かく切って、水にさらしたり下茹でするなどの工夫を継続的にしてください。今回のご質問内容は、他の慢性腎臓病患者さんにも参考になると思いますので、個人情報を省いたうえでホームページ上に掲載したいと思います。よろしくお願い申し上げます。」という内容です。忙しであろうに、この病院の対応は患者でもない私に親切に対応して頂き感謝しました。ありがとうございます。
by kuyugengen | 2014-07-24 15:21 | 与えられた一病の楽しみ方 | Comments(0)
d0133199_20253179.jpg

毎日歩こうと心に決めたのは金沢から帰ってからです。今までは気の向いた時に歩いていましたが、毎日の継続が一番と気付き負担にならないコースを決めて歩いています。夏のコースは佃大橋を渡り隅田川へ勝鬨橋を通って月島です。川風を感じる日は儲かった気もする。しかし今日は無風で湿度も高かく汗をかいた。勝鬨橋の手前で屋形船の行き交いを眺めベンチで休憩。1時間ほどですが毎日習慣にすれば体力もつくでしょう。いつもおデブちゃんを気にしていますが、この頃は少々あきらめ気味〝洋梨タイプ”は画家も愛した体型だ!と開き直りです。夕方になるとソワソワする自分が居るので、これは〝いけるかもしれない”と意欲を感じるこの頃です。生涯楽はないものなのですね。
d0133199_20214798.jpg

by kuyugengen | 2014-07-16 20:34 | よもやま話 | Comments(0)

涼しげな網袋


d0133199_10512315.jpg

台風の余波なのでしょう?毎日むし暑いことです。みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか?今回少し形の変わった網袋が完成したので紹介します。この中に入っているのは、金平糖などを入れておく、振出という器です。茶筅筒・茶巾筒・小茶垸など湿っている器物などを保護しながら使う袋物で通気性もあり安心して使えます。このような「網袋」の制作は現在娘の手に頼っています。受け継がれる日本独自の文化をこれからも継続して繋いでいける世の中であることを願うこの頃です。

d0133199_1112669.jpg

by kuyugengen | 2014-07-12 11:06 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)

七夕の茶会


d0133199_145230100.gif

茶会前日は曇り空、活動するには爽やかな日です。明日の七夕茶会は是非お天気にしたいものです。
中国より伝わる乞功奠の習わしは、牽牛・織女の二星を農耕と養蚕・染色をつかさどる星とされ、乞功は上達を願い、は祀る、巧みになることを乞い祀るから乞功奠と呼ばれるようになりました。お迎えの支度も整い本番を待つのみとなりました。
d0133199_852327.jpg
d0133199_8523933.jpg
d0133199_8534393.jpg

本席の床飾りは、御陽成院の和歌・花は釣り花入に利休草と桔梗を一輪。待合は書十躰・切れ手鏡の2種や文房具飾りをしました。茶入は、玻璃(乾隆年制)流星蒔絵の茶杓・短冊文様の縫いのある仕覆など私の提案する乞巧奠の取り合わせです。

d0133199_8593714.jpg
d0133199_90216.jpg
d0133199_911196.jpg
d0133199_935788.jpg

懐石の米は特別栽培・雪室貯蔵・焼物は犀川上流の鮎に梶の葉を添えて・八寸はイナダを干した珍味とオクラ、近海物の献立を重視しています。

薄茶席は涼感を表わす「虫売り茶筥」お茶はたっぷりの氷点てを用意して喜んで頂きました。季節を表現する茶事は、みなさまに好印象です。

d0133199_9175679.jpg
d0133199_9182368.jpg

d0133199_9111545.jpg
d0133199_9124290.jpg
d0133199_913519.jpg




d0133199_9151473.jpg



七夕のお菓子2種紹介します。主菓子の銘は星飾りと干菓子。糸くず入れの折り紙を用いました。お天気に恵まれ思い出深い茶会となりました。

d0133199_9344163.jpg

d0133199_9362252.jpg

7月10日東京に帰ります。いつもあわただしい移動ですが、何とかがんばっています。夏は苦手ですが、体力を保持しながら暮らしたいと願っています。みなさまもお元気にお過ごし下さい。楽しい金沢お世話になりました。

d0133199_10222578.jpg

by kuyugengen | 2014-07-05 14:56 | 茶事 | Comments(0)

ゆっくりウオーク!


d0133199_1848449.png

6月は雨の日以外の涼し時をみはからい歩いています。銀座1丁目の入り口・墨田川・木挽町歌舞伎座前の往復5,000か6,000歩なので距離は僅かです。暗くなった隅田川を歩くと夜景は美しい!目線に近い水面のさざ波は、自然界のうごめきを感じる。この調子を忘れないで暑さを乗り切りたいと思っています。明日から金沢に移動します。みなさまにお目にかかるのを楽しみに七夕の茶会は日曜日に予定しています。

d0133199_19593999.jpg

             いくら努力しても全然痩せない私・・・・!どうしてなのか?解らない?
by kuyugengen | 2014-07-02 18:52 | よもやま話 | Comments(0)