永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


マンデアン・マッチャという美味なるチョコレートを頂き、みなさまで相伴しました。口の中で濃厚に甘みは広がり、しかし後味はさっぱりしているという限定の珍しいチョコレートです。

d0133199_129551.jpg

by kuyugengen | 2013-03-26 12:10 | お菓子

桜・れんぎょう・椿・もくれん一時に花開いた春。NHKの稽古場から見える御所の、通りの桜も満開。今日は3点の仕覆遊びを紹介します。


d0133199_18203460.jpg

中心・19C茜色カンボジャ浮き織小紋・右・生紬江戸小紋甕のぞき&浅葱色あられ市松文様をはぎ合せて「お愉しみ茶会用の拵えを表現」左・松煙菊桐唐草紋和更紗使う人のイメージで意匠するのが一番のご馳走であると考えます。

3点の仕覆の底の見所も、はんなりと表現してみました。切れの使い方の楽しみ方も各自の好みや希望など心得て創るのも大切です。好みに仕覆を表現できるなんて、最高の心の贅沢ですね。

d0133199_18332448.jpgd0133199_18335883.jpgd0133199_1834257.jpg

                  












 ★アトリエは随時入会可能です。★
by kuyugengen | 2013-03-23 18:45 | 仕覆ってなんだろう!

金属に似せられた青年

d0133199_19402546.jpg

金沢から帰る昼前のこと、日がさしているのに気温は低く、花びらのように細雪が散るという印象的な空。金工の木瀬君を知人に紹介したくて、工房に立ち寄りました。工房は、金沢の山奥のどかな田園の中にあり私の家から8キロはあると思う。彼は雨の日も雪の日も遠路を何ごともなかったように自転車で飛んでくる。まさに現代の仙人のような気迫をもった青年です。誰が見ても今では珍しい生活!自分の力で好きな金属と格闘土間(仕事場)のある田舎家に住んでいます。

d0133199_19413361.jpg

無心で銅板を叩き円形に絞る。マットな風合いは彼の芸術センスで素敵です。性格は真面目・無欲で頑固な職人気質も兼ね備えている。彼は精一杯楽しそうに会話するが相当無理をしているようだ!
花鳥風月とは、本来厳しい状況を生きていくことの意も含まれています。

d0133199_19425346.jpg

世間知らずなので、辛い現代を生きる術としては「欲しがらない」という信念があるようです。しかし物を造る人は、いろいろな世界を眺めないと向上心とインスピレーションが沸かないと思う。まして金属で表現する範囲は狭いので生活様式に合い・買ってもらえる作品を造ることは極めて難しい。現代の作家は、造り・販売するこの両輪に秀でなくては生き残れない。それはとてもナンセンスなこと。しかし造り手は、不器用で当たり前。現代に吹く風当たりはあまりにも冷たい。

d0133199_19434691.jpg

彼は、東北芸術工科大学 大学院 を卒業・金沢卯辰山工芸工房に入り好きなことを全うしたという坊ちゃん。世俗のけがれは微塵もない。それが彼の為に良かった?悪かった?は、後で答えが出ると思う。私は彼と知り合い4年位になると思う。私は彼に茶事のこと・懐石のこと・道具組み・人との在り方など伝えています。今は、ようやく解らないことが質問できるようになった。彼は賢くて同じ失敗は繰り返さない根性がある。そして彼の口から愚痴や辛い話は聞いたことがない。誠に珍しい。何処かに積極的にサポートしてくれるスポンサーや嫁はいないのか?我子のように気になる存在です
by kuyugengen | 2013-03-21 19:49 | 金沢で見つけた新しい息吹

3月の定期健診

d0133199_15501110.jpg

駒沢公園の桜も満開です。今日は平日なので公園の人出は少なく絶交の花見日和。歩いて公園を抜けていつものように国立医療センターへと出かけました。心臓のレントゲンといつも通りの血液検査。心臓に問題はなく、クレアチニンも良い値でまずまずの結果・尿素窒素その他は合格です。もう1ヶ月になる、腎臓の働きを楽にしたいと考え、夕食を完全に抜きました。今では心良い空腹感を楽しめるようになった。検査結果を説明するDRも、ちょっといつに無く微笑を感じる。「成績がいいですね?」とおっしゃる。「私、先月から腎臓の働きを楽にする為に夕食をやめました」というと、それはそれで心配そう。「そんなことしても夜も腎臓は働いていますょ」とケゲンな顔です。「でも一食少なくなれば塩分の総体量・尿素窒素も減るでしょ?腎臓君もゆっくり働けると思いますよ。」「睡眠も深くなり体調もイイ感じです!」と云うと「それは確かにそうでしょう。」とお答えが返る。」「今の所は、栄養状態も腎臓に適切な値なのであまり無理しないように頑張ってみて」と問答は締めくくられた。腎臓はとても厄介な病です。今、安心でも明日の保障はない。完治しない病気です。自分の努力でだましながらデータとにらめっこするしかない。来月は65歳の誕生日。70歳を目標に思い切り生きてみたい!忙しく咲いた今年の桜・私は“風の女神を射止めて春一番”と締めくくってみた。

d0133199_1620691.jpg
d0133199_16203785.jpg

by kuyugengen | 2013-03-21 16:24 | 与えられた一病の楽しみ方

ご報告があります。

d0133199_1762148.jpg

春分の日、今日は夏日のような暑さです。なかなか気候の変化についていけないこの頃です。
実はみなさまに重要なお知らせがあります。それは25年間住み慣れた桜新町の家を5月連休明けに移ることとなりました。家族が少なくなると住み慣れた家でも淋しく「もったいない」と考えるようなる。
こうした心境の変化は一年前からあり、心の中で“用意”していた事柄でした。そんな訳で次の新天地を月島と決めました。夜景の綺麗な小さなマンション生活です。これからの行動範囲は、銀座・東京駅周辺となり、若い頃の仕事の原点に戻りました!とても不思議な縁を感じています。又所変れば新しい発見もあるでしょう?そんな訳で東京の稽古場は、5月より月島に移ります。駅1分なので利便性の良い住処。“気分も新たにもう少しの間、稽古しょう“と思っています。
これからも変りませずどうぞよろしく。

                  ★5月以降の新住所
                  ★〒)104-0052・中央区月島2-1-1アーバンライフ月島駅前イースト611
                                           永井 百合子拝
                                           携帯・090--6546-9534
                                         arinnko9999@gmail.com
by kuyugengen | 2013-03-19 17:08 | アトリエの製作品

幸福の神さまの話

d0133199_1125798.gif

幸福の神さまフォルトゥナ は運命の女神と呼ばれています。そして向こうからやってきた時に前髪を捉まえなければ、すれ違い後を追っかけてもどうにもならないと聞いています。時間を司る女神は2人いて「過去から未来へと続く時間」を瞬時に操作するらしい。
一瞬の時間とタイミング・これはインスピレーションが合致する瞬間なのでしょう。
まさにこれが「チャンスの神」です。私は幾度となくこの幸福の神さまの瞬間をつかみ、つかの間に神を拝む。しかし私がみるのは痩せた老人“貧乏神”のようなお姿です。この神様は確かに髪が薄く風のように飛んで迫る。瞬時のタイミングに感じます。例えば知らない人と出会った瞬間「この人とは、きっと深い縁になるだろう」などと感じる不可思議な感覚にも似ています。
これが「幸福の神さま」であると思う。みなさんも心を研ぎ澄ませてこの神さまを是非つかんで下さい。
d0133199_11404591.gif

私は悩むことが極力苦手なyes・noがはっきりしているタイプです。何ごとも大きなことも小さなことも“即決・即断するのでいつも回りを驚かせます。しかしこのインスピレーションのお蔭で今までは後悔したことはない。兎も角よい方々に守られて今日があるように感じています。
by kuyugengen | 2013-03-17 11:21 | よもやま話

金沢の休日


d0133199_14433749.jpg

風もない良いお日和の1日。少し片付けをしたり・親しい友人と会いおしゃべりしたり・のんびりとした休日です。これから夕方までブラブラと歩こうと思っています。街のあちこちで見受ける雪釣りも春の到来で重苦しく感じられるようになる。雪釣りが外れると桜の蕾も膨らみ兼六園の景色は、まさに”春宵一刻値千金”となる。兼六園の松は今年も変わりなく神々しい力を貯えています。3月は14日に移動します。東京に忙しい用事もありますので・・・・!
by kuyugengen | 2013-03-11 15:03 | よもやま話

金沢日和


夕べ金沢に着きました。久しぶりの帰宅・新しい空気感です。今朝はゆっくり起きてまず4月の茶会の会記を書いてみる。新しい試みを幾つか考えたので竹屋に相談にいったり花屋へ予約したりと忙しかった。一応茶会の道具は出したので後のことは来月にする。小庭の雪わり草も優しく微笑んで なんと可愛い!お天気もよいので草取りのおばちゃんに掃除を頼んだ。寒かったのであまり落ち葉も雑草もなく「今日は簡単!」といってくれださる。久しぶりの会えてお互い嬉しかった!明日から稽古なので楽しみにしています。

d0133199_1534748.jpg

夕方暇の時間を見つけ白山山野草店まで歩きました。春一番の「雪わり草」の大展示です。珍しい品種をたくさん観ることができました。

d0133199_17572321.jpg
d0133199_17575764.jpg
d0133199_17582090.jpg

by kuyugengen | 2013-03-08 15:36 | よもやま話

啓蟄は、2月節であり、旧暦1月後半~2月・3月19日頃まで春を喜びます。“梅一輪 一輪ほどの暖かさ”という詩を思い出す。心もようやく開放されました。春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫も外に出てくる頃となり 「啓」は「ひらく「蟄」は「土中で冬ごもりしていた虫」という意味もあり。ようやくひと雨ごとに春が近づきます。
d0133199_862499.jpg

  雑木林には、“蕗のとう”も顔をもたげ今日は暖かい日です。食卓は“ふきのとう”の天麩羅です。
by kuyugengen | 2013-03-05 20:26 | よもやま話

東慶寺さんの雛茶会


d0133199_20115848.jpg

梅の花も今年は遅い3月3日は、桃の節句です。五節句では「上巳の節句}と呼ばれています。雛は女子の汚れを祓うお祭り。私も毎年3月は金沢で「ひいなの茶事」を行なっていましたが、今年は寒いので身体の休養に努めています。今日はタイミングも良く北鎌倉の東慶寺さんから茶会の案内をいただき娘と出かけました。まずお心尽しの弁当をゆっくり頂戴

d0133199_20194355.jpg
d0133199_20201456.jpg

香木のレクチャー席へ伺う。香の歴史や香木の産地のお話、体験で沈香・伽羅を焚いて戴きました。別の席では香りを聞き分ける遊び組香席や薄茶席の用意もありお客様も幸せそうな表情。香道では香を聞くという呼び方があり聞香炉に灰と、おこした炭団を入れ、灰の形を整え、その上に銀葉という雲母の板をのせ、香木を温め香りを散らす。

d0133199_2022217.jpg

今日のレクチャーで学んだことは、一度回した銀葉を灰の上で軽く押すことにより火加減を調節する。「弱すぎず・強すぎず」がテクニックであり、また時間差でまわる香の変化と妙に頭と鼻がすっきりする
心地のよさを堪能できた。現代における香道は、形の残らない最も贅沢な遊び。しかし考え方によっては最上級の満腹感が得られる。私のような制限食のある者にとって満足の世界であることに気づく。
身も心も清浄になり精神安定の源であると感じた次第です。嬉しいひと時をありがとうございました。

d0133199_20354194.jpg


d0133199_2025947.jpg
d0133199_202539100.jpg

東慶寺の奥様は私の古いアトリエの仲間です。この方はお寺の事業として様々なお稽古ごとの場を提供なさり、寺子屋運営、素晴らしいアイデアを次々と成功に導いて居られいつも感心しています。
これからも元気な笑顔期待しています。
by kuyugengen | 2013-03-03 20:27 | よもやま雑宝帳