永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

亀戸天神のお守り


2月26日この月も無事に終わりそうです。今日の稽古は、満員の予定でしたがみなさんの都合と合致せず少人数の稽古となりました。昼下がりに江戸川区から自転車を飛ばして元気にTさんの訪問です「どうしたの?」と驚いて聞くと、「先生と亜希乃先生にお渡ししたいものがあり寄っていいですか?」と電話があると、直ぐに玄関に立っていた。彼女は、1月24・25日両日亀戸天神で“鷽かえの神事”
うそかえ神事」に行きまして、夕方会社の帰りに寄り滑り込みセーフでお守りを受けました。
先週の稽古に忘れたので今日の休みに持ってきました。この所不調な彼女も元気そうに見えました。

d0133199_1614151.jpg

亀戸天神社の“うそ鳥”は、檜で神職の手で一体一体心を込めて作られ、この日にしか手に入らない貴重な開運のお守りとしてとても人気があるそうです。“うそ”は幸運を招く鳥とされ、毎年新しいうそ鳥に替えるとこれまでの悪い事が“うそ”になり一年の吉兆(きっちょう)を招き開運・出世・幸運を得ることができると信仰されたそうです。

d0133199_1615544.jpg

うそ鳥を災いに掛けて難を祓うという この神事は、何て素敵なお奉りでしょう!境内は梅の名所としても有名です。彼女のお蔭であったのか?ツレの施設入居の面談も思いがけず受け入れてもらえた何だか私がいち早くを戴いてしまったようです。ありがとうございます。このような若いお嬢さんに心配いただき幸せです。私は自分の境遇の苦境を愛し得る時間を持ち辛抱できたこと、私にとって違う新しい一歩となるように感じたこの頃です。
d0133199_19412376.jpg

by kuyugengen | 2012-02-26 16:14 | よもやま雑宝帳

毎日送迎の援助をしてくださるディサービスのスタッフの方には、たいへんお世話になっています。
みなさんの励ましのお陰なのでしょう!楽しそうに週6日間のディを休むことなく通え、私の日常も平穏に過ごせました。心から感謝しています。こうしたスタッフのチームワークの支えで、公私共々仕事・家事などスムーズでした。しかしこうした状況も今回少し変化して、3月からは、施設に入所することになりそうです。私も、今ようやく安心な心境になりました。玉川沿いの施設なので家からも近くほんとうに良い選択であったと思っています。今朝、スタッフのお嬢さんに今までの御礼を言うと「男前の永井さんなのでスタッフにも人気がありましたょ」と、お世辞などを云ってもらった。若くて可愛らしい女性のスタッフさんの、行き届いた見守り 私は、ただ傍観者のように感心するばかりでした。

d0133199_2042666.jpg

私と気の合うケアマネージャーの篠原さんは、近所にある「こじま桜医院」にオフィスを持っておられます。彼女はいつも身体中で微笑んでいるような方です。そしてこの方は、ツレにとっては家族同様の存在です。今日はディの「お帰り」の時間に合わせてお寄りになつたので、「記念に写真を撮りましょう!」とお願いしてしまった。2人とも少し恥ずかしそうですが “はいポーズ”このように心の通い合う間柄は素晴らしい宝物です。彼女も「私の手から離れるなんて“寂しいよーぅ」と云って下さるが私はもう充分です。これから新しい環境に慣れて欲しいと願うばかりの親心・・・・!
by kuyugengen | 2012-02-21 20:10

ある「切れ」の話



今日は久しぶりに本業である切れの話をしてみます。私はNHK「おしゃれ工房」その他テレビ番組にも幾度か出演させてもらい贅沢な収録記録も残っています。番組の内容の中で、「この切れの名称を教えて下さい。」と質問があり即座にく「めくら縞」です。と答えた。するとリハーサルの収録では×・・・!「放送禁止用語です。他の言い方で」と迫られ困った事を思い出す。「盲目縞・もうもく縞」ではさらに雰囲気を損なうと思い、意味は違いますが無名間道です。と難を逃れた記憶を思いだす。

d0133199_110124.jpg

「めくら縞」とは、木綿の平織りの反物で明治の庶民また旦那衆の普段着などに流行した。横糸に藍染めした糸を用い、いわゆる木綿の平織の意味で、この縞模様は、あらかじめ計算して 織り出した縞柄ではなく、“糸の染めむら”によって偶然にできる不規則な縞柄です。と答えるのが一番適していると思いますがしかし専門用語は理解できない場合も多い。古い呼び名の中に「 やたら縞」という呼び名もあるが これも馴染はない!一見遠目に無地のようにも見えて今でも「江戸小紋」の名作の中にもその手法は存在しています。こういう放送禁止用語も可笑しく不便なものです。
by kuyugengen | 2012-02-20 11:10 | 仕覆ってなんだろう!

どうしても中性脂肪値が改善できないので、ついたちに駒沢の医療センターから歩いて帰った感動が、心地良さを覚えたよう その日から日課となる。東京は、天気日も多いので、今までの運動不足を少しカバー心を入れ替え歩いています。
d0133199_632812.jpg

心に誓うと直ぐその気になるので、楽しみながら続いている。平日は、昼間ほんのひと駅・稽古のある日は夜に用賀までの往復する。1日の歩数は6,000歩程ですが多くを望まない。

d0133199_6355641.jpg









帰り道は、駅からは軽い登りに入るが。故長谷川まちこさんの豪邸まで歩くと後は平坦な道になる。
このあたりは、大通りなのに数件「どういう方のお住まいであろう!」と思う邸宅もある。

d0133199_6405912.gif

私の家は、「桜新町の駅」から3分です。近所に「サザエさんの美術館もあり、街は、サザエさん通りと親しまれている通りもあります。そして町のあちこちにサザエさんの看板が出迎えています。

d0133199_645518.gif


漫画サザエさんも出版当初は寝る場所もない返品の山、売れる漫画家となり有名絵画の購入を元気の源にされたようです。しかし「貴女の収集では、絵が可哀想!飾る場所がない!」とある人から指摘され「悔しい!」と思いこのような立派な美術館が誕生したようです!しかしこれも入場者数不足・先生自らビラを配り宣伝に合い努められたようです。時代背景のよさも大きな要因ではあるが、“ケセラセラ”の精神も好を奏したのでしょう!しかし長谷川氏のデッサン力は、素晴らしくやはり高級絵画を自分の力・手で購入した巧者がそこにはあった。
by kuyugengen | 2012-02-20 06:48 | よもやま話

2月金沢のお菓子


2月の吉はしさんのお菓子は「下萌」という銘が付いています。先月の「丹頂」蓬餡に感激したので、再度アンコールです。このお菓子は、饅頭の皮でつつんでありますが、包み方も工夫を凝らし、「こぶしの芽」がほころんで春の息吹を運んでいるようです。味は言うまでもなく素晴らしい!
                        北国の春が届きました。

d0133199_7383637.jpg

by kuyugengen | 2012-02-18 07:39 | お菓子

私は薬を飲む時などに少し不安があったり、食べ物が自分に合っているかどうか調べる時などに
「Oリングテスト」を試みています。このテストをご存知ない方も多くあると思いますが、私は民間療法の
「伊藤テルミー」という特殊な線香を5本器具の筒に入れて治療を行う温熱治療を長年受けていました。その施術の先生は熱心に勉強なさる方でこの方から0リング・テストを教えてもらいました。その頃は、テレビでも紹介され衝撃でした。自分の身体を使ってテストする方法なので簡単です。例えば薬が自分に適応しているかどうか?良いものか悪いものか?など判断できるテストです。普通2人で行い、右の親指とひとさし指で0の輪を作り固く力を入れて絞める。左の手で1回分の薬を乗せて、右の0のリングが開かなければOKです。もし身体に適応しない場合は簡単に0のリングは開きます。
「力が入らない」ということです。
d0133199_14431878.gif
d0133199_14505917.jpg

★0リング・テストの開発者のプロフィールは、アメリカ在住の大村恵昭氏・医学博士と薬学博士の学位を持ち、マンハッタン大学電気工学科客員教授・シカゴ大学薬理学教授・ニューヨーク州公認国際鍼・電気治療大学学長としての肩書きもある方です。
近年先生の発表の後、0リングテストを医療に用いている医師もあるようです。デリケートな歯科の麻酔の量などに使っていたのを見たこともあります。0リング・テストを医療に使い判断できれば、副作用を防ぐことも少し可能になる。自分の脳の使い方で「良い・悪い」の情報をキャッチできれば素晴らしいことです。
★このテストは様々な分野に適応して、その人が好きか・苦手か好きな色・嫌いな色自分の欲しいものなど試すと凄い確立で答えが得られます。とても不思議・・・!見つめることにより脳に電気信号が送られるのかもしれません。脳味噌は、何と偉大で摩訶不思議な細胞でしょう!この論理が全て「何故!」と解明できたらノーベル賞に値する科学と思う。しかし「脳」は限りなく奥深いもののようです。
by kuyugengen | 2012-02-15 14:53 | よもやま雑宝帳

困った君のある行動


ある日のことです。私も疲れていて早く寝たかったので、日常の仕事になっている「困った君」の夜の支度・夜用の尿とりパットの取替えを急ぎました。「早く夜の支度しょうょ?」と言うと今日は少し虫の居所が悪い!「自分でするからほっといて!」というので、「そんなことが上手くできれば“認知症じゃぁないょ!とパンツを下げる」怒りだし「あんたは“しつこい”」と折角股に挟んだロングパットを床に投げつけ力いっぱい振り払った。こうなると難しい!あきらめて寝室に上がる。15分くらいして軽い物音がしてトイレに入った。「おしめ見ましょか?」というと何事もなかったように「ウン」と答える。この機会をのがすと大変です。気持ちを持ち直し完了した。「いい夢見てね!」と挨拶して今日の仕事は終わった。

d0133199_14232235.jpg

最近自分の体をいたわり、夜中に起きることは止めた。私は単純なのか、気にならなくなると目もさめないという都合の良い性質です!しかし疲れは人一倍たまる。今朝は、三軒茶屋にある中村クリニックへ薬の相談に行ってきた。先生と最近の症状などお話すると「永井さんのように対応すれば日本の認知症の患者もよくなるのに」と云われたが「先生よくなるなんて、ただ対応に気をつかっているだけです。」と答えると。先生は、「心が安定しているだけで治ったということです」と云われそんなものかと再確認した。今朝はニユースで天皇さまのご病気入院の話が解ったらしく「お前いくら包んだ!といきなりいわれて「1万円」と答えたら何だか不満そうで無言!まったく急に突っ込みが入るのであわてる。そうかと思えば「お早う」と起こしに行くと、「家のお婆さんどうした」と聞くので「もう死んだでしょ?」というと「変だなぁ こないだまでそこで縫い物してお弟子さんも来てた」「あら私のこと?私はだぁれ?というと百合子だ」という「俺ぼけたかな?」「そう だから困るので施設を探してるでしょ!」というと「そうだな」と納得、朝のディにすんなり行けるように軍歌のCDをかけて心を弾ませほっとした。今日も晴天だったので三軒茶屋から歩きで帰る。これも7000歩程の有酸素運動軽いなと感じた。確かに街をブラブラ歩くと町の息使いも解り、いろいろ目に入いるのでワクワクする。
by kuyugengen | 2012-02-13 14:26

減塩の工夫

 
                     制限食のページは追加しました。

d0133199_9111640.jpg
d0133199_8385487.jpg

最近はまっている「クリーミーな酒かす」がある。それは、福正宗・純米吟醸の酒粕です。製造元は、金沢の酒造会社「福光屋」さんです。東京での購入は、二子玉の高島屋にショップがありここで買っています。この酒粕は、“板お神酒”にする前のクリーミーでしっとりとした使いやすい酒粕なので私は、味噌汁・煮物の隠し味又腎臓用ラーメンのスープをさらに少なくして生姜とこの粕で美味しいスープにしています。その他野菜の具材などを入れる。一見「とんこつのスープ」のように見えますが、濃厚で減塩になりまことに旨い!毎回二子玉に行く度購入しています。まさに旨さ引き立つと云った言葉が当たります。

d0133199_9123710.jpg

ラーメンの具材に「腎臓先生の中華丼」デトルトを用いる。何故これを使うかというと、DRお勧めの簡単食材で通販(ヘルシーネットワーク)で手にいれることもできる。まず感心するのは、「人参3枚・さや豆2枚・イカ2切れ・きくらげ3枚・白菜小口と良いものでもほんの少しという腎臓食のお手本と感じて心がけを新たにできるからです。塩分は「中華丼」のみ食べた量で味付けされているので、ラーメンにかける時は出来る限りのスープを少なくして足して1になるように・・・・!私の朝ご飯はラーメンです。

d0133199_14491787.jpg



三軒茶屋の中村クリニックから歩いて帰り急いでパンを作り食べる。腎臓用のホットケ-キミックスと蕎麦粉を混ぜて焼きます。先日病院で友人になった老夫人より山口の夏みかんのマーマレードをつけて頂戴したが美味しい!
ありがとうございます。

d0133199_18593478.jpg

金沢の近江町市場の山本さんから「加賀野菜はどうでしょう?」何にがありますか?」と尋ねると凄い肉厚な、能登の椎茸があります。後は蓮根・源助大根その椎茸は幾ら?と聞くと1個1,000円位につきます。高い!それは要らないと云うとやたら凄い自慢ですが止めた。そんな訳で「源助大根のステーキ」など作ってみた。出汁でゆっくり半日コトコト煮てオイルで焼き目を入れて、ソースは出汁汁・酒粕・豆乳・醤油を混ぜて片栗粉でとろみをつけてみると、熱々で美味しかった。鰯のつみれの揚げ物と葱で味噌汁・蓮根がんもなどです。

d0133199_1821060.jpg

★久しぶりに駒沢の「安達豆腐店」に行き、自家製の豆乳・がんもなど買ってきて、“おからハンバーグ”を作りました。 じゃがいも餅は、じゃがいもをすりざるにとり、水であく洗いして軽く絞り、片栗粉とカレー粉を混ぜる。私以外は、カレー粉もスパイシーな美味しいタイプを使っています。何かスープも欲しい!と美味しい「豆乳」のことを思い出す。しかし冷蔵庫には思う野菜もなく、残り野菜は「葱・生姜」だけ「まぁ いいか?みじん切りで炒めてみた。後は豆乳で延ばし・片栗粉でとろみを付けた。胡椒少々で調節して食卓へ 「豆乳が旨かったので中々評判もよかった・・・・!やりくり料理も何とかごまかせてほっとしました。

d0133199_1843379.jpg
d0133199_8494290.jpg

鹿児島産の新じゃがいもを見つけて煮てみました。今回もクリーミーな酒粕を隠し味にして「腎臓食の「つゆの素」のみでゆっくり焚きました。とろ火料理は、時間の余裕もとれて好きです。
by kuyugengen | 2012-02-13 09:12 | 与えられた一病の楽しみ方

d0133199_16391318.jpg

ブログのファンも多くお出でのようです。タイトル「いれ筥日記」ってどういう意味ですか?とのお尋ねもしばしばあるので再度お話します。日本は昔から機能的な道具・用途に合わせた日常の品物がたくさん生まれています。私の心にもこうした合理的でシンプル・使っても美しい便利な生活用品は好き。大きい箱の中からひと回り小さい箱がでてさらに小さくなり極小になるのは面白く美しい!5・6年前でしたでしょうか?金沢の百万石通りの「能作」さんの陳列の中に日本はもちろん海外のパーティなどにも使えそうな「いれ筥の襲盆」を目にして心を打たれる。そんな時「そうだ!グログのタイトルにどうだろう!」さまざまなカテゴリーが増えても調和する読みものでありたいと望みこのタイトルと決める。
の字をと用いたので“何と読むの”と思われた方も多いと思います。「いれこ日記」です。そうゆう気持ちで書きスタートしました。“書くことは、年月を重ねて上達するものです。”まさに一より習いの心境です。つたない生活の記録を綴りお恥ずかしいですが、段々歳を重ねると記録も増え、ただ自己満足の限りでございます。上記の平盆は7枚のオードブル皿のようですが、用途はさまざまでしょう!北陸の秋を待ちかねた照り葉の色目でしょうか? 四季の移ろいなど感じます。
by kuyugengen | 2012-02-11 16:58 | 仕覆ってなんだろう!

私のリラクゼーション


今日は日差しも明るく爽やかな午前です。忙しい朝の雑用を済ませ今日は用賀にある山田鍼灸院へ自転車を飛ばして出かけました。私はこの所、神経疲れも多かったので、「今日は行こう 針灸だ!」とまっしぐらです。東京の方々はあまり鍼灸への理解力は薄く「怖い!痛い!熱い!」と誤解も多い。私の行く東京医療センター腎内科のDRも「永井さんいいですね!」と誉めてくださるので「それは、先生努力しています。鍼灸も“ほら”こんなに頑張っていますょ!」と話すと「痛そうですね!」と東洋医学はご存知ないらしい!

d0133199_13461089.jpg

「体質にあう・あわない」・「好き・嫌い」という偏見で効くものも効かなくなる。私の鍼灸歴は古く30代からの継続です。無茶ばかりの生活を過ごしたのに、割と元気に健康を保持できたのは、これら民間療法のお蔭と感じています。私のインスピレーションは良い方なのか名医に当たる確立も多かった。灸のことを簡単に説明するといわゆるを発生させます。お灸の効果は、腰痛・肩こり・精神安定(ストレス)に効果的です。その灸の効果は、線香にをつけるので熱を発生する。この熱の力でまずのめぐりが良くなり、筋肉をほぐすことができます。しかもツボに刺激をあたえるこので、気の流れもよくなるという循環作用があるようです。
d0133199_14552968.jpg

d0133199_1355890.jpg
d0133199_14295467.jpg

そんなことで今日は、頭もスッキリ気分も爽快になり嬉しい!山田先生のプロフィールは、鍼灸学会
TOKYO支部の会長でもあり、鍼灸専門学校の講師もされています。奥様も資格のある方でお灸などアシスタントとして甲斐甲斐しい。山田鍼灸院は、リニューアルして心地良い診療室になりました。                                 〒)158-0097 世田谷区用賀4-12-6-101 TEL 03-3709-6271
                             ご予約ください 
d0133199_18224934.gif

今日は爽やかで気分の良い日曜日です。東洋医学で推奨されている「灸」のことを豆知識ながら話してみます。灸の起源は古く約三千年前の古代中国で発明されたといわれてチベット・印度にもあり
「弘法大師」が持ち帰ったと伝えられて現在に伝わっています。今でも地方により、弘法の灸と呼ばれて江戸時代の流行となる。西の方ではファン層も固く愛好家も多い。“灸が嫌い“とおっしゃる理由の多くは、今では聞かなくなった「しつけ」子供の頃、悪いこと・親の言いつけに逆らうと「灸を据えるぞ!」「やいとをするぞ!」と脅かされ結局、据えられるはめになった記憶に逆登ると思う。灸は、奥の細道の文章の中にも登場して“三里に灸するより”ともあり、おそらく旅路での足の疲れを癒したり、のぼせ高血圧を引き下げる。という効果で、灸を据える習慣が庶民へ民間療法として伝わったようです。
d0133199_14252181.jpg

d0133199_14271264.jpg

“熱いのが嫌い“という方には、物を置いて伝導熱を伝える灸もあります。下に置くものとしてはしょうが・にんにく・ビワの葉・ニラ・味噌・塩などもあるようです。下に置く物の薬効成分と温熱刺激を目的とした灸の方法でその他現代では、「千年灸」のようにポピュラーなタイプもあり良いと思います。このタイプの利点は、熱さを我慢しなくてもいい・一人でも手軽にできる・じんわり温かいなど今までの灸のマイナス点をカバーしています。「直接灸」は、自分で懸命に行なう故に灸点が自然に動く難点もありますどちらも専門医(鍼灸師)の灸点をつける指導がお勧めです。
by kuyugengen | 2012-02-11 13:55 | よもやま雑宝帳