永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

面白きデザート




先日娘が、松江に行き、常連の蕎麦屋に立ち寄ったようです。面白い「蕎麦粉入りのカスタードがデザートが出たょ!」と話してくれた「では作ってみるか?」と試みる。作っては、みたが私は食べれない!作り方をご紹介すると、卵黄を2個・蕎麦粉200g位・砂糖少々・牛乳は、固さ次第で延ばしバター少々でしっとり感を出し、バニラエッセンスで香りつけというシンプルなことです。小麦粉の部分を蕎麦粉にしただけです。しかし「この味だょ!完璧」と喜んでくれた。

d0133199_856289.jpg


今日のお昼は、蕎麦がきと鎌倉のかまぼこ・玉葱の微塵切りを少し浮かべて澄まし汁を作ってみた。「温かくて美味しいです。」と喜ばれ嬉しかった。

d0133199_203491.jpg

by kuyugengen | 2011-11-30 19:59 | 与えられた一病の楽しみ方

里芋の調理




福井の里芋を頂戴したので、アトリエのみなさんといろいろの里芋の調理を試みました。最初は、里芋を蒸して田楽味噌で、腎臓先生の通販の中にも田楽柚子味噌が、一人用の小さなパックで選べ取り寄せることもできます。とても美味しいです。

d0133199_2028928.jpg

里芋の豆乳スープ・里芋を蒸してかくはんして滑らかにして豆乳・牛乳で延ばす駒沢に美味しい豆乳があるのでこれを使い牛乳と割ってみた。蛋白質が豊富なのでこれは私は食べません。みなさんに食して頂きましたが素材がいいので味付けはいらず好評でした。

d0133199_20355222.jpg

じゃがいもではなく、里芋を使って「肉里」なるものを作りました。作り方は「肉ジャが」と同じです。この時期美味しい食べ方の発見です!
d0133199_20441465.jpg

これは「里芋のコロッケ」です。里芋をゆでて、ベイコン少々と玉葱の微塵きりをたっぷり入れて、水気がなくなるまで炒める。少しさめてから丸める。そして小麦粉・卵・パン粉をからめて揚げる。
何ともうまい芋です。
d0133199_20445413.jpg

牛蒡のチップも今日は、からっと揚がりました。南瓜・味噌汁には、この所よく作っているイワシのつみれを揚げたものです。そしてアンコールの「きぬかつぎ」これは、やはりシンプルで美味しい!

d0133199_211558.jpg

by kuyugengen | 2011-11-29 20:33 | 与えられた一病の楽しみ方

長いアトリエ生活の中では、お弟子さんからの要望で思考する作品も多くあります。「古帛紗を折りたくない!」と思われる方があったので、このようなタイプのエチケット袋も完成しています。

d0133199_194998.jpg

        楊枝入れなども残布を用いて、美しい完成品が作られています。
by kuyugengen | 2011-11-28 19:04 | 仕覆ってなんだろう!

三時のお菓子



11月のお菓子は、金沢水本さんの「栗鹿の子」です。練り切りの回りを栗で鹿の子のように散らし表現してあります。金沢らしいお菓子ですね!餡の白小豆も美味で、この季節には、これを頂戴しています。午前には、松江のお留め菓子「姫小袖」一力堂・合わせ柿などを交互にお出ししています。

d0133199_7312716.jpg

by kuyugengen | 2011-11-27 07:35 | お菓子

帛紗箪笥の考案




毎年私のオリジナル帛紗を楽しみに収集しておられる方々も多くあります。今年もそろそろ干支辰の帛紗もラストオーダーに入りました。時代切れの帛紗などのコレクションも綺麗な状態で仕舞いたいと思われる方もあり、今回このような「帛紗箪笥」が完成しました。

d0133199_716565.jpg


上段三段・古帛紗・中段三段・大帛紗・下段寿寄屋袋・特大・普通寸は、仕切りを動かすことにより収納できます。機能的で美しい桐の小箪笥は、一見「旅箪笥」のように見え納まりもいいです。黒柿で表現した瓢のツマミも洒落ていて、飾っていても違和感なくすっきりできています。さすが指物師の腕の良さが光ります。

d0133199_7174491.jpg
d0133199_7181731.jpg

by kuyugengen | 2011-11-27 07:25 | アトリエの製作品

フンコロガシという虫は、自分の体重の1141倍もの重さのものを転がすことができる。人間に例えると、70キロの人が80トンのもの、つまり2階建てバス6台分を持ち上げることに相当するらしい!凄い働きものそして器用に逆立ちして土を丸める。不思議な虫です。

d0133199_161221.jpg
d0133199_16234357.jpg

(第4土曜日)毎月のNHK青山の稽古日です。今日は、ある奥様からこんなお話がありました。「先生この所ブログが更新されていないので病気かと思いましたょ!」と熱心に私のブログを開いてくださっているようです。「私にも以前、認知症の姑がおりまして長い間仕えました。先生のブログを見ていると思い出します。ほんとうに全くその通りですもの!今は開放されて静かな生活をしていますが、その時、やれるだけのことをしたので思い残すこともなく今では又いい思い出です。」とスッキリしたお顔でお話になりました。私のブログは、本当に気分転換のつもりで何気なく書いているもの。自分で書いたり、話したりすると、心も“すっきりする。”苦労も悩みもいつの間にか、ふっ飛びそれを食べてしまうのか悲壮感も少なく痩せない!まぁいい性格なのでしょう!?自分のことをふと、他人事のように眺めると、何だか“フンコロガシ”のように上手にストレスを丸めているようです。

d0133199_16285669.jpg

ツレの困った君の症状は、まだ上記のようなアルツではないものの、しかし「水頭症」のせいで、似たような症状が表れます。私は、先日睡眠不足の日が続き疲れたので、かかりつけの鍼灸院に駆け込んだ!夕方少しの間、用向きを伝えて出かけた。しかし困った君は、不安になったらしく、私の電話番号でも探そうと思ったのか引き出しの物を散らかし、その上、パソコンも外付けハードデスクも転がり自分も倒れていた。「あっ!パソコンは、壊れたかな?」とあきらめながら重たい体をベットの部屋へと移動させた。「私の大事なパソコンが壊れたかもしれないじゃぁない!」と嘆くと「それなら捨てればいいだろう!」と平気なもんです。直ぐパソコンを起動してみると「画面が表れる!」凄いメカだな!と改めて感心した。何は兎もあれ、動いている内に、2個あるハードデスクに、データをバックアップ保存して新しいホルダをつくり横になる。しかし!困った君は、今夜は興奮しているらしく中々睡眠に入らない!病気とはいえ、私は、とても嘆かわしく感じた。こうして脳の画像を眺めると、健康な脳は、★のように輝いて見える。美しい循環ですね!
by kuyugengen | 2011-11-26 16:18


d0133199_18233553.jpg

照り葉も紅葉して小さい秋がやって来ました。腎臓食も美味しい野菜や魚が豊富に店頭に並びます。
季節の野菜を下ゆでして、減塩醤油で炊合せ・(炊合せる時はできるだけ前の日の夜に味付けして、薄味でもしみこみが良いようにしています。「伊賀牛」を頂戴したので少し「シャブシャブ」にして山葵醤油でさっぱりと頂きました。美味しかったです。

d0133199_1840898.jpg

左は、鰤大根・右は、鮑の柔らか煮・島根の柿・牛蒡のチップは、少し揚げ過ぎです。腎臓食ご推奨の蕎麦とそうめんを混ぜてゆでました。味噌汁は、イワシのつみれ2個腎臓食の味噌汁に追加しました。

d0133199_18315911.jpg
d0133199_1835078.jpg

左は、伊賀牛のすき焼き・右は、福井から頂戴した好物の里芋甘さと粘りが違いますね!美味しかったです。里芋はゆでて柔らかくして、フードプロセッサーでカクハンしてハンバーグのようにして、フライパンでゆっくり焦げ目がつくまで弱火で焼くと自然に又ふっくらします。今日は腎臓先生の柚子味噌を付けてみましたが、そのままでも素晴らしい味です。低蛋白ご飯には最近蕎麦茶を振りかけて食べています。なかなか香ばしさがご飯に合っています。食事制限のある病気は、一見まずいと思いがちですが、食材の鮮度と旬をうまく調理するとなかなかいけるものです。

d0133199_1847394.jpg
d0133199_1848641.jpg

たいへんご馳走を食べているようですが、これは1週間の間ピックアップした馳走です。普通は、「ヘルシーネットワーク重視」の簡単な食事です。時間の許す時に張り切るだけです。誤解のないように!

d0133199_1945935.jpg

私は柿も大好物です。今年も美味しい柿を少し頂きました。「なり年」のようで、味も濃厚ですね!自然の恵みは、ほんとうに有難い。美味しい果物とは色も温かい!
                   今日は、柿で始まり、柿で終わったブログでした。
by kuyugengen | 2011-11-19 18:33 | 与えられた一病の楽しみ方


一泊旅行などに便利なトートバッグを来年の干支の文様をベースに作ってみました。収納力ある“切れのトート”は、とても重宝で素敵なバックになりました。
オリジナルの切れを用いて作る幸せを感じています。

d0133199_937992.jpg

by kuyugengen | 2011-11-19 09:55 | アトリエの製作品

脳の不思議

d0133199_13234550.jpg





11月のとある日のこと 「こじま桜医院」のケアマネージャーさんに、「素晴らしい病院が三軒茶屋にあり、診断判定・薬の処方などに、こだわりのあるDRがいらっしゃるので、一度その病院を受診してみたら・・・!」と勧められて直ぐ予約をとった。所見は、認知症より「正常圧水頭症の可能性がある。」あるいは、血管性認知症「レビー小体症認知症の方も疑われる。そうであれば、相当今より改善する可能性もありますょ」と言われて希望の光が見えた。そしてMRIも半年振りに撮り、以前撮影した大橋病院でのMRI・RIの画像も請求用意して受診した。永井の次女も同席、画像を見ながら「脳室が大きく膨れているので、水頭症の疑いはあります」「その診断を拝聴して、何だか二人でほっとした!」少しでも良くなる可能性もあるようだ!こうした認知症に似た症状の判断も最近は、区別して診断できるようになったようです。まぁ高齢になって起きる「パーキンソン病」も同時にある。
せっかく大病院の「もの忘れ外来」への受診したにもかかわらずアリセプトは効果がなかった。
今回「なかむらメンタルクリニック」を知り、苦しい介護に新しい希望を得たようです。
ほんとうに親身になってくださったケアマネージャー篠原さんに御礼です。d0133199_13552784.jpg


d0133199_13245160.jpg



★水頭症
脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる病気です。脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。つまり脳脊髄液が頭の内側で過剰に留まる病気です。動脈硬化もあり、血のめぐりが悪いということです。
★パーキンソン病
神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起きると考えられています。

d0133199_1342514.jpg

なかむらメンタルクリニックの紹介
http://www.nakamura-mcl.com/
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2丁目7−3
TEL 03-6450-8996

by kuyugengen | 2011-11-16 13:08

銭屋さんの鮑のステーキ



金沢を経つ時、銭屋さんのご主人からお店の名物「鮑のステーキ」をいただきました。鮑は下味をして煮てあり大きさを揃える為に金沢だけではなく他の産地からも材料を探すそうです。そうした貴重なる鮑を真空パック「ステーキとしてお召しあがり下さい」と記してある。私はそのままスライスで少しづつ食べますが、ステーキにすれば、おそらく豪勢なことであろう!金沢ならではの、贅沢ですね!「熨斗で結ぶ」のも地方色が感じられます。

d0133199_19183048.jpg
d0133199_9464765.jpg

by kuyugengen | 2011-11-15 19:03 | よもやま話