永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧





近所に由緒ある桜神宮という社があり、今日は夏ごしの茅の輪くぐりもできています。ちょっと休憩して、お清めをしました。今日だけのうやうやしいお祭りなので、良い縁に恵まれるような気がします。

d0133199_14195489.jpg


大祓いは、病気・災難・悩みなどを清める儀式です。ひとがた様に住所・氏名・生年月日を記入身体に3回当てて自分の息を3回吹きかけてお祓いをするそうです。



        茅の輪くぐりの様式も左・右・真ん中をくぐり中々うやうやしいものです。



d0133199_14203252.jpg


d0133199_1619248.jpg


お祓いのお守り、小さい茅の輪を頂戴しました。玄関に座っている、猫のミーちゃんの耳に引っ掛けてみました。
by kuyugengen | 2011-06-30 14:26 | よもやま話
 
       今月の稽古は今日で終わりましたが、7月3日に追加の稽古をしています。

d0133199_1335752.jpg

6月の稽古のお昼は、美味しい蕎麦がきを皆様に試食して貰いました。毎日でしたので、流石に上加減になりGOODです!やわらかさも最高だと思います。これは火加減がとても重要です。茶巾絞りも少し荒熱を取り、ラップをはがすと綺麗な絞りになっています。今日は、明石のSさんから頂戴した蒪菜も沿えてみました。Iさん作の家庭菜園の新ジャガイモも夕べから水に離し、今朝は、2回ゆでこぼして芋をゆでました。しかし原発の被害野菜も水洗いとゆでこぼしで野菜は安全であるとテレビでも話していました。「何だ!私の腎食は、けっこう進んでいます」塩分なしのマヨネーズもさっぱりしていて美味しく感じるようになりました。ポテトサラダを食べる幸せに感動しています。
腎食の味付けも、案外捨てたものではありません。
by kuyugengen | 2011-06-30 13:14 | よもやま話

たしなみの良い認知症


近所に住んでいる孫とお母さんが、お爺ちゃんにパジャマのプレゼントです。お爺ちゃんもにっこり笑い私にポーズです。

d0133199_10412131.jpg

金沢に行かないようになって4ヶ月目になろうとしています。お蔭さまで、ツレの病状も落ち着いています。デイサービスには、週5日行ってくれるようになり手もからない!有難いことです。私も家に帰るとデイのスタッフのように優しく接しています。認知症とはいっても人様々のようで、この爺さんはとてもたしなみが良く、おしゃれに熱心です。フッションコーデネートに悩んでいます。みなさんにお洒落ですね!といってもらうのが嬉しいようです。お風呂・髭剃り・ヘヤーのみだれには気をつかっています。何ともおとなしく嗜みの良い好々爺です。今まで「一度も世話になった」とか「ありがとう」とは云ったこともなく「可愛くない」と思いましたが、昨日初めて、天草から来てくれた弟子との会話の中に、その言葉を聞き、3人で“パチパチ”と拍手しました。たくさんお話もできて楽しい夕食を囲みました。
by kuyugengen | 2011-06-28 10:59




d0133199_1819236.jpg




d0133199_18194625.jpg

第4土曜日は、NHK青山教室の稽古日です。帰りの道すがら「くろむぎ」で美味しい天麩羅蕎麦を食べる。そして今月オープンした「TORAYAカフェ」にも立ち寄りました。新店舗オープンのようです。今まで長い間、「ルコント」が入っていましたが、さすがに青山1丁目とはいえ不景気で、空店舗も目立ちます。この度のTORAYAカフェは、ちょっと目を引くお洒落な店構え!今までとは違った品揃えです。“薄焼ビスケット”「きな粉・抹茶・カカオ」の3色の色と味 こんな素敵なリーフ形のビスケットもできたので、さっそく明日のおやつにと少し買ってみました。和菓子の老舗「虎屋」もいよいよ大いなるリニューアルを試みたようです。
d0133199_18444831.jpg
「TORAYAあんぱん」と称した青山限定の甘みもある。玄米粉の生地のこしあんとココアの生地で作られた素朴な丸、なんと可愛らしい・・・・!ひと口あんパンなのでしょう!
by kuyugengen | 2011-06-25 18:30 | よもやま話




d0133199_13555954.jpg

最近、「腎臓食を楽しみにしているのょ」と云う方も増えました。今日の昼食は、稽古の皆さんと試食です。今日は、“蕎麦がき”と夏の新メニュー、オクラと鶏肉ミンチ・新玉葱のみじん切りに下味を付けて、春巻きの皮で包んでみました。もう一つは豆腐ハンバーグの餡かけです。以外と好評で又作る喜びを感じています。

d0133199_147461.jpg

今日は、稽古日に合わせて金沢吉はしさんの注文菓子も届きました。練り切り紫陽花河原撫子金団の紫陽花苔清水の4種です。今回は、選ぶ愉しみがあるようにと、とりどりに頼んでみました。   後を引かないさっぱりとした甘みは、やはり素晴らしい!
by kuyugengen | 2011-06-19 14:00 | 与えられた一病の楽しみ方

琉球の酒つぎに仕覆




先月の稽古の時に完成した「琉球の酒つぎ」に仕覆を完成された方があります。この方の先祖は、沖縄の人で、お母さまが持っておられたそうです。今も存在しているデザインですが、これは少し古いのかもしれません。形が面白いので製図を起こして欲しいとのことでした。若くてチャーミングなお嬢さんですが、いつも丁寧にお針をなさり頼もしいことです。出来上がるとまた素敵ですね!

d0133199_14332856.jpg

by kuyugengen | 2011-06-17 14:36 | アトリエの製作品

江戸時代の美しい紙入れ


d0133199_1417973.jpg

5月の或る日、江戸時代の美しい紙入れが贈られてきました。私は以前より、江戸時代の小間物細工・袋ものには、興味があり、今、眺めているこの美しい紙入れは、細い籐製の花組みです。花組みには、幼い頃、近所に籐の職人さんの住まいがあり、親子二人で、仕事に励まれていました。松江市の昔は、茶人も多く花組みの炭籠なども、注文があったようです。籐職人の叔父さんは、幼い私に、「この花組みができるようになれば、一人前だ!なかなか気にいったようにできませんゎ!」とつぶやいておられた。そんなほのかな思い出もあり、解らないながら、“美しい炭籠創り”を飽きることなく見ていました。この品は、たいせつに思う古い友人からのプレゼントです。生涯私の傍に置きたいと眺めています。金具のコンデションも良く、中には、古鏡なども添っていて誠に珍しいお品です。
by kuyugengen | 2011-06-17 14:14 | よもやま雑宝帳

今月の検査



東京医療センターは、検査結果も診察時間に合わせて、すぐパソコンにデータが送信されます。
迅速な対応に、いつも感心します。

d0133199_1732028.jpg

今日は、1ヶ月振りに東京医療センターへ検査に行きました。何時も混見合う待合室ですが、今日は、特別に4時からの診察です。初めて動脈硬化なども調べましたが、しかしこれも案外若々しい結果にDRにも感心される!尿蛋白もこの所、マイナスが続いています。20年来始めての値です。「この調子で消えるといいですね!」と励まされて、ホットした!心配していたクレアチニン値もグーンと改善されて、もう少しで、前の値に戻りそうです。尿素窒素(尿の燃えかす)・コレステロール・中性脂肪・悪玉コレステロール・善玉コレステロールも全て花◎ 血圧脈波と云う足の血の巡りも良好・骨密度も合格、薬も以前服用していた物に戻っり素晴らしい結果です。これからも頑張る励みができました。半年の腎臓病の養生生活に結果もついて来てくれ嬉しい次第です。そして周囲の暖かいご好意励ましに深く感謝しています。ありがとうございます。美味しい四季の腎食のレシピも益々充実させて楽しみたいと考えています。病は、気からで負けないことです。どんな状況でも、食いしんぼうは、美味しい食べ方に気がつくものです。素材の鮮度も一番、そして量も僅かであることが大切のようです。
by kuyugengen | 2011-06-16 17:22 | よもやま話

珍道中 車椅子旅行

 

         河童橋からみる、梓川のせせらぎは、清らかで力強い流れでした。

d0133199_12591366.jpg

6月梅雨の晴れ間に恵まれ、気のおけない老人仲間との4人旅です。6日に出発して、信州「鹿教温泉」(かけゆ)11日に帰り5日間の温泉旅行です。毎日素晴らしいお天気で山の景色は最高でした。

d0133199_15313239.jpg

初めて車椅子を引き遠出したので、内心は少し不安、しかし地下鉄の係り員、JRのサポートも万全だったので、行きはヨイヨイ、ほんとうに細やかな親切を受けて感謝・感謝です。7日の上高地へは、斉藤ホテルの案内で1日存分に山の空気を吸い込みました。穂高の山並は、山の神が横たわっているようで美しい!まさに絵画の中に居るようです。

d0133199_137029.jpg

上高地の帝国ホテルで、ちょっとひと息です。後は登り坂を一気に登って、河童橋から望む撮影スポットへと向います。このホテルの赤い屋根と穂高のコントラストはお似合いで、ちょうど雲も流れ
山頂も、くっきりと見えて美しく 素晴らしかった!

d0133199_143204.jpg

夕べは、4時まで寝むれず我慢できず1錠の睡眠剤を服用した。朝9時過ぎに目が覚めて、顔も洗わずカイロプラクテックに飛び込んむ!とても精神的に疲労したようだ!やはり認知症の病人は、環境が変るとパニックを起こし、頭の中が混乱するらしい!私はそう云うことに無頓着であり、「何で対応しないのか?」「どうして嫌がらせばかりするのか?」解らなかった。しかし私の頼りにしている看護婦さんに相談すると「それはそうなるものである」とさらりと答えが返り、そんな厄介な頭の構造になっていることは知らなかった。同伴者も優しい方であったので、私は救われて有難たかった!私の人生の中に、この病への理解と経験がないことに気付く!悲しいことも多い旅ではあったものの、実りも多かったと今は感じています。旅をして同じ部屋で過ごし始めてその不思議に気が付いた次第です。
しかし私の健康は、順調に回復しています。初めて尿蛋白もマイナスになりDRにも褒められました。後は、クレアチニン値を、もう少し正常に戻したいだけです。ようやく発祥して半年になりますが、思いの他、奇跡的な回復であったと思います。安心して下さい。

d0133199_14545848.jpg
d0133199_13213394.jpg

   木をはめ込んだシックな室内の道を幾つかの歩道を発見!信州らしいセンス面白い!

d0133199_18443713.jpg

斉藤ホテルでは、「籠屋」と称して2時間程度の近場への観光がある。今回は上高地、小布施・名水
 100泉で有名な泉への案内もありましたが、私は上高地のみでパスしました。空いた時間をエステやジムトレーニングに当てました。毎回受けているエステシャンは、ゴッドハンド関先生です。何時の間にやら熟睡します。自然をベースにしたハーブオイル“ドイツのアンネマリーポーリンド”を使用されています。今朝は、カイロにも行きましたが、「体が柔らかいですね!もっと疲れて来ると思いましたょ」と先生に驚かれました。頭皮マッサージも受けたので、効果があったと思います。これからは、エステにも定期的に行きたいと考えています。

d0133199_17332780.jpg

d0133199_17335318.jpg

d0133199_17342877.jpg

ホテルで食事をするのが一番困難な私の献立は、メインの大皿の野菜のゆでこぼし料理は、この宿のシェフの気働きで、フランス料理のようなお洒落な野菜料理です。私はご馳走が食べれないので、毎回気を使って戴きました。後のトレイは、好みの料理を取り分けますが、皆さんは、毎日違う献立の妙味を感心しながら、食されています。私は僅かばかりの量ですが、大満足です。醤油・マヨネーズ・ご飯などは、今回「腎臓先生」の通販を持参しました。
★このホテルの水は、とても美味しいので聞いてみると、万年九郎沼大明神の沸き水で、過去多くの日照りから人々を救ってきたと云う、雨乞いの神さまの水です。 
この里山は、山の頂に奥宮があり、小さな沼の周辺には、小粒の蜆も生息していると云う。しかし険しい山道が続き地元の人もめったに、行くことはないそうです。★


今週の斉藤ホテルロビーコンサートは、クラリネット・フルート・ハモンドオルガンでのジャズ、曲目は、スターダスト・小さな花・鈴かけの小道・野球に連れていって(ピアノソロ)で夕方から気分のよい時間を愉しみました。

d0133199_138463.jpg














14日の昼過ぎでした。同伴者のSご夫婦、ご主人は、プロ顔負けの写真オタクです。早々CDにして贈って戴きました。信州のブログの締めくくりに美しい画像を追加してみました。カメラも上等ですが、さすがに腕もいいですね!

d0133199_1392284.jpg











d0133199_13321924.jpg

by kuyugengen | 2011-06-11 15:45

初風炉のお祝い





Sさんは私の古い弟子です。何でも相談する気のおけない仲間でもあります。今日は彼女から画像添付のメールが入りました。初風炉の茶事をしたとのことです。添付された画像には、先日私が意匠した水指を使ってみたら、みなさん興味深く拝見して貰い、とても愉しい茶事であったと書かれています。この水指は、アルミが主原料なので、茶の方で、問答の時には、「鋁」(りょ)であることを云って下さいと伝えた。茶の世界の道具にも、いろいろの金属が用いられています。しかしアルミが表にでることはまずありません!小山泰之氏は、アルミを他の金属と上手に科学合成して、美しい作品を造る人なので、私も茶筅筒・茶巾筒などを依頼しています。私は、今制限食をしている為に、大好きな抹茶も半年近く絶っています。ささやかに稽古の時に美味しい濃茶を練っているぐらいです。そうした気持ちも含めて、下手な詩を綴りました。彼女には、このページを通して贈ります。

d0133199_19342248.jpg


      風炉への追憶
 今一盌の濃茶を練っています
 風炉の時期になると設えも爽やかで軽くなる
 野辺の花はもう初夏の花々でいっぱい

 稽古での一亭一客の静寂なひと時は
 私のこころにやすらぎを与えてくれる
 今では お茶を喫することもできなくなった私
 でも仲間と喜びを分かち合えるのは 嬉しい

 お点前の手序はいつも どこかでつまずく
 なかなか体は覚えないものです
 茶室の日差しも少しづつ奥の方まで延びて
 どこか気持ちも 高揚する
 雛も終わり 桜もすみ 端午になると
 風炉の時期も最中となる

 今年は風炉を開くこともなくて居ます
 七夕の乞巧奠を終えるとまた新しい初秋がくる
 こうした季節の繰り返しで暑かった夏も名残となり
 半年は すぐに過ぎ去ってしまう

 そんな生活を過ごしていたことを 今は幸せに思い
 またそんな時節がくるのを 待っています
by kuyugengen | 2011-06-04 19:33 | よもやま雑宝帳