永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


7月1日は「氷室の日」です。金沢市内の人々は、「無病息災」を願いこのような酒饅頭をこぞって食ス習慣があるようです。この饅頭を食べる話は、よそ者から見ると驚くばかりです!官公庁・商店主も社員全員にくばります。また家々に帰っても、当然“饅頭”の用意はありその日の内につい食べるのだそうです。 もちろん娘の嫁ぎ先へも贈り 親戚にも贈ると云うこのような風習です。
金沢弁で語ると、このようになります。
「うちの実家金沢ねんけどーぉ  この日に酒饅頭たべれんてぇ  あんたも食べてみんけぇ!うまいげんちゃ ほーうやろ」と語ります。 老若男女共々この饅頭に愛着があるらしい・・・!「私はまだ一度も食べたことはありません」一日限定販売ですから縁がありません。老舗 越山甘清堂では、一日の販売数18万個も製造するようです。加賀は白山系に積もった新雪を氷室に貯蔵して水無月 八朔の日に氷室開きをして、将軍家へ「白山氷」として献上した昔より民間伝承しているようです。それにしてもこの代々つづく饅頭フィーバーは、驚くばかりでございます。これも金沢の不思議ですネ!私がいつも注文菓子をお願いしている水本さんに「一度氷室饅頭も食べてみたいヮ 」と云うと「駄目です 氷室の日ばかりやから」そして「氷室の前は、その他の菓子も 作れません」とすげなくお断りです。
金沢市内の菓子店では、少しづつ味にバージョンの違いもあり「氷室饅頭」がこの日を色どっています

d0133199_21333223.jpg

                越山甘清堂の氷室饅頭
d0133199_21353968.jpg

                  雅風堂の氷室饅頭
           日本一のお菓子の消費は、うなずけるようです。
by kuyugengen | 2009-06-14 21:33 | よもやま雑宝帳

お昼の電車で帰ろうと駅に向かいました。広い駅中の一角に音楽会のスペースができています。
「何だろう!」と近寄って覗いてみると「ホーチミン市の交響楽団」のメンバー5名がスタンバイしているではありませんか・・・・・!アンサンブル金沢は、1988年に設立された日本最初のプロの室内オーケストラです。音楽監督は初代「岩城宏之」氏から始まり現在は井上道義氏の指導のもとで熱心に活動しています。私が遭遇したのは、ベトナムの奏者5名が、アンサンブル金沢に、この度、研修にきているそうです。月に一度「エキコン金沢」のコンサートを催して毎月多彩なゲストをお招きするとのことです。“愛に満ちた優しい音色”を奏でて駅中のムードも最高です!アンサンブル金沢は県と市が助成して財団で運営しているようです。市民の中にも深くアンサンブルが浸透していて素晴らしいナといつも感じています。私の理解は乏しいものですが、大寄せ茶会の音楽をサポート・お茶会などの雰囲気作りにも協力しています。しかし金沢市民は、しごく普通のことのように特別視している様子もないようです。これも金沢の不思議です!

d0133199_1813765.jpg


by kuyugengen | 2009-06-14 19:48 | よもやま話

数年前京都に旅をした帰り道とあるT店のショーケースの中にあった。「細川護熙」氏作の温かな赤楽垸が目にとまり、その一垸に心引かれ衝動的に買ってしまいました。「焼きがアマイな」と感じつつ、使って変化が愉しめる期待の方を優先しました。もちろん使い心地も良く 毎年箱を開く度に味わいも深まり“いい茶垸”に育ちました。しかし先月のことでした。来客があった後、いつものように茶垸を洗い 拭く途中で「パリッ・・・!」変な音と感触です!そっと布巾の中を覗くと茶碗の口造りが、お煎餅のかけらが離れるように割れています。
私も不意のできごとに驚きました。かんにゅうが深く入った部分がひび割れたようです。しかし割れた部分を良く見ると修理すればよい景色になるように感じ、急ぎ修理を手配しました。本日その修理も完了して、新しいお姿を見ることができました。見れば、まだ沢山の“かんにゅう”が入っています。近郊の楽焼きの窯場にお願いして、少し焼きが締まってから、使いたいと只今慎重に考えています。細川氏の茶垸も目出度く復活したので「殿中でござる」などと、私流に名のり、なぐさめています。
                                    
d0133199_9505178.jpg
                
しかし楽焼は無傷が一番です。 焼きのアマイ楽焼は危険ですね! 赤楽垸の土の色は、石灰質のような驚くほど真白い土でした
by kuyugengen | 2009-06-11 18:13 | よもやま話
今朝もどんよりとしたお天気です。お昼に7人の友人と気さくにテーブルを囲みました。私も「じわもん」と呼ばれる郷土料理など用意しましたが、料理上手な方々が多く、自慢料理を持ち込まれ思いがけない豪華な昼食会となりました。ゆっくりと“よもやま”話して もはや夕暮れどきとなりました!

d0133199_15423530.jpg

「ヘルシーな野菜料理ばかりです」 「私もお相伴にあずかりました」

d0133199_1543114.jpg









珍しい摘みたての蓬のお餅やささげの赤飯など紹介できませんでしたが 美味しかったでーす。
         
by kuyugengen | 2009-06-08 15:43 | よもやま話


加賀宝生流で薪能がありました。番組に先立ち子供能・梅鶯会の子供による謡・仕舞も演じられて、能に若い力も育ち嬉しいものです。こちらの言葉で云う「じわもん」の味は大切ですね!これからも頑張って欲しいものです!
d0133199_8294218.jpg

by kuyugengen | 2009-06-08 08:29 | よもやま雑宝帳

d0133199_20161225.jpg

獅子舞行列や総勢560人の消防団員が披露するという加賀鳶行列がつづきます。


d0133199_14155822.jpg
俳優の永島敏行さんが扮する前田利家公とお松の方に扮するは熊谷真美さんなどと豪華メンバーです。「光栄です」興奮気味に二人の俳優さんはインタビューに答えていました。「皆の者いざ出立じゃー」永島利家も甲冑姿で力強いかけ声を合図に利家の入城行列は始まりです。そしてお松の方の姿が見えると沿道の歓声も高まりました。

d0133199_20352783.jpg

前田利家公は信長に仕えていた時代「赤母衣衆」の筆頭として活躍したので、この時代扮装も凝っていていわゆる“歌舞伎者”という出で立ちも多く見られます。
by kuyugengen | 2009-06-07 14:06 | よもやま雑宝帳

庭の花々・・・・!

今朝はどんよりとした曇り空です。「今年は鶯の鳴き声を聴かないナ!」と寂しく思っていましたが、朝早い時間に「ホーホケキョ」と上手に鳴いています。「この町に留まっていてくれて良かった!」とまずはひと安心・・・!今年は鶯のさえずりが遅かったようです。今朝は庭に咲いた花を撮影しました。毎月いろいろな花が顔を出してくれるので、ワクワクします!しかし雑木林のように、鬱蒼としていますが、これも小宇宙・・・!少し枝を間引いたり、終わった花を切ったりして少し息が抜けたようです。

d0133199_846309.jpg

昨年ひと株頂戴した”八重の白花十薬草”(どくだみ)です株も倍に増えました。こぼれんばかりの華やかさがあります。戴いた方の顔もふと思い出し、稽古日に見ていただこうと思っています。ありがとうございました。

d0133199_1427593.jpg

「だるまのりゅうずき」も表参道より移した花です。珍しい紫陽花です。あまり大きくなりませんが、毎年幾つかの花を付けます。今年この花は心なしか大きくなったようです。何んと嬉しいことでしょう!

d0133199_9135073.jpg

鹿の子草も桃色と白が並んでいます。白は蕾です ほのぼのとした光景です。

d0133199_9174722.jpg

黒姫紫陽花も今が盛りです。ひと鉢持って着た紫陽花がこんなに大きくなりました。感激です!この花は高松の山野草店より持ち帰り東京で育てた花です。

d0133199_930429.jpg

苔のなくなった所に天草から「姫蔓草」を戴き今年はその空き地が埋まりそうです。丸い小花もたくさん咲いてまさに“小花模様”のようです。

d0133199_9331799.jpg

“春咲き秋明菊”も「花が好きやから」と、隣の奥さんに貰いました。こんな隙間に伸び伸びと花も咲いて感激です。
d0133199_939784.jpg

木賊も真っ直ぐに伸びてフサフサになりました!新芽も吹いて目に鮮やかです。

d0133199_14335826.jpg

毎年玄関の竹に虫が付き心配しましたが、筍も真っ直ぐ伸びています。どうやら桜が済んだ頃消毒と枝の風通しをして「竹の秋」を迎えるのが良いようです。

               春の小庭を紹介しました。
by kuyugengen | 2009-06-07 08:56 | お花

今月のアトリエのお菓子


水本さんの“青梅”と云う主菓子です。煉切は大好きですが、今月は2色の煉切のハーモニーが、特に“まったり”しているように感じます。黄味あんの黄色が梅色に包まれていて気に入ったお菓子なので、毎年楽しみにしています。

d0133199_21225931.jpg

by kuyugengen | 2009-06-06 21:23 | お菓子

6月6日(金)今日はお休みです。朝の雑用を済ませて、さっそく知り会いのとある美術店の花展会場へと出かけました。珍しい山野草の花で会場も人もいっぱいです。私も珍しい山野草を見せてもらって気分の良い日を過ごしました。午後からは時代行列も賑やかに行われるので沿道は大勢の人垣でした。茶会会場もこの日は、観光客もチケットで入れるので、何ヶ所も茶席の用意があります。「おもてなし」をする方々は大忙しのことでしょう!そしてお菓子屋さんも、テンテコ舞いです。お祭り期間の三日間は、金沢文化のお披露目も兼ねて催しものも多様にありますので、街の中心は、元気に賑わっています。
d0133199_1726051.jpg
d0133199_1726911.jpg
by kuyugengen | 2009-06-06 17:17 | よもやま雑宝帳

浅野川の灯篭流し


6月5日(金)の夕暮れ金沢百万石祭り「加賀友禅灯篭流し」が行われると百万石祭りは始まります。金沢市の中心部を流れる浅野川の天神橋から浅野川大橋にかけて灯篭1000個が流されました。先日の豪雨災害もなかったような穏やかな川の流れです。ほのかで幻想的な光のオブジェは、人々の気持を温かくしたことでしょう!

d0133199_21174427.jpg

灯篭に描かれた思い々の絵も書も心がこもっていて、いつまでもぼんやりと眺めていました。お祭りの行事に“灯篭流し”は初めての経験でした。

d0133199_21271062.jpg

昨日金沢に着いて、今日から稽古も初めました。静かな夕暮れを楽しんだひと時でした。
by kuyugengen | 2009-06-05 21:18 | よもやま雑宝帳