永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


世田谷教室のたかこっちさんから、パリからのメッセージが届いていました。
強行軍のパリ出張・・・・3日間の旅 出張の前日の夕昏には「タイ式マッサージ」に駆け込み
「明日 朝 がんばって行くよ」と私に告げて旅立ちました。
彼女は、神経回路が敏感な方で、今まで長い間彼女の“よろずカウンセリング”の係りを受け持っていました。 しかし現在は、開き直りすっかり自信も感じられて 元気な笑顔がたくさん表せるレディに変身・・・・!仕覆の伝授よりカウンセリングの効能の方が大であったようです。

d0133199_18471535.jpg

d0133199_1848995.jpg

2枚のパリの香りをお届けしまーす。やっぱり表参道とはどこか香りが違うパリですね!
by kuyugengen | 2008-12-27 18:47 | よもやま話

薄茶席の菓子器には、桃山時代の洋櫃を使いました。 お菓子として用いたのは、“キリストの聖なる血”を表す 干し葡萄の蔓付き(チリ産)です。アンス・リールのオランジェットも使いました。カオでお薄を戴けるのも降誕茶会ならではのことです。楽しい二日間の思い出作りとなりました。またこの茶事と対面する機会に恵まれ、茶飯釜のテクニックの感を取り戻したように思いました。稽古は「繰り返しの勉強である」を体感している年の暮れとなりました。

d0133199_22363763.jpg

by kuyugengen | 2008-12-25 22:36 | 茶事

d0133199_1035778.jpg

今年のクリスマス茶会は、NHK教育テレビ「おしゃれ工房」を見ての席入りとなりました。
そういう意味では、思い出深い茶会となり幸せな一年を過ごすことができました。玄関の柊も色どりを添えてお客さまのお迎えでーす。

d0133199_17422466.jpg

          久ぶりに行う茶飯釜 強肴にあたる炊き合わせの様子です。

d0133199_17454890.jpg

煮物椀は加賀蕪のみぞれ椀 真千代を野菜で色付けてクリスマスカラーをお椀の中に表現しました。

d0133199_106238.jpg

お客様の目の前で味つけをしますので、今日は、緊張の高まりを感じます。 湯釜がかかるまでは炉を空けない工夫と、段取りが茶飯釜の醍醐味です。 一文字のびちゃ飯蒸らしご飯そして焦げ飯まで、米の味を再認識して楽しむ 風流がそこにあります。
by kuyugengen | 2008-12-25 17:40 | よもやま雑宝帳

アトリエのすみれちゃんは、夕方遅くまで「小蝉つくり」に格闘しました。
小ぶりタイプの蝉なので面倒でしたが、面倒ついでに胴体も段々にはぎ合わせて彼女らしい,可憐な「蝉の掛け香袋」が完成しました。これでひと安心の新春を迎えられそうです。蝉は復活を表す縁起ものなので、お正月にもよろしいですよ!

d0133199_1921937.gif

by kuyugengen | 2008-12-10 19:21 | アトリエの製作品

今日は、すみれ組みの稽古日です。昼食も楽しい話題の花がいっぱい咲いて賑やかな昼さがり・・・・!
そうしている間に亜希乃も応援にきてくれました。GOODタイミングで小さい小箱を・・・・・!箱を開けると「まぁ素敵・・・・!」みんなでこの作品のアイデアに感動・・・・!東京ならではの贈り物ですね!
お菓子のようでもあり、お重詰めにも見えます。良く見るとハート型にも見える「面白いですね」

d0133199_14272660.gif

by kuyugengen | 2008-12-10 14:27 | よもやま話

今日は久しぶりの「おしゃれ工房」のスタジオ撮影でした。
午前から始まり、2時過ぎまでかかったでしょうか・・・・?旬歳で張り切っていた頃の自分をツイ思い出しました。時間を計り進んでいく“本番”の緊張感は特別ですが、何故か私はその緊張感が好きです。若い頃から場数を踏んだお陰でしょう!今日の撮影はビデオを見ながらお話すると云うスタイルでしたから難しいものです。しかし不思議に落ち着いていました。それが“歳”と云うことなのでしょう!NHKは、メイクルームや楽屋もゆったりと充実している局なので、心地の良い待合のようです。今日も丁寧にメイクをして貰いました。“孫にも化粧”です。メイク完成にシャッターを合わせました。

d0133199_20101274.gif

演出の廣田さんは、こだわりの深い方です。めんみつなる打ち合わせをています。私は「真面目な表情で説明を聞いています」
d0133199_20333868.gif

by kuyugengen | 2008-12-08 20:12 | よもやま話
d0133199_23373655.gif

今日は久しぶりの休日です。友人の展覧会に行く途中 娘と車中で近況などを語りあいました。娘の亜希乃は、鳳神社の三の酉に出かけたらしく、感激をこう語った。「お母さん東京のお祭りのブログも書いたらいいよ・・・・!」「大勢の人がお参りしていて、一時間待ちで驚いたヨ!」行列の中で待っている間に、周りを見ると去年の熊手を担いでいる人の列また鳥居のところから、提灯がたくさん飾られていて、青空の下とても綺麗だった・・・・!「たくさんの熊手屋さんが軒を並べてお店をだしていたよ」と楽しいそうに語ってくれました。そうでしょう・・・・!開運、商売繁盛を願い縁起物を売る市が立つそれは、まさに圧巻でしょう!東京の群衆とは、人が湧き出るように感じますから・・・!今日は、夕暮れの井の頭線から渋谷への人の流れに驚かされました。
表参道から世田谷にアトリエを移してから、人の波の凄まじさをすっかり忘れて・・・今更の自分に驚きました。「人というものは、喉もと過ぎれば・・・・」のようです。今宵の私は 「今浦島」 になったような気分でした。
もう一つ感激したことは、鳳神社のマドンナばあ様まさに江戸の粋を感じて、元気を戴いたことのようです。この方は、名だたる役者さんの元へ「熊手」をお渡しになると云う“粋神さま”とのことです。                       この名物女将のごりゃく 居ながらにして あやかりたいものです。
「ヨォ・・・ッと粋な江戸弁とよし田屋さんの三三七拍子が聞こえてくるようです。
d0133199_233933.jpg

       夕暮れのお酉さまの景色も美しいので、紹介します。
d0133199_23411492.gif

      お酉さまは、どの市もパーフェクトのご繁盛でした。
by kuyugengen | 2008-12-03 23:06 | よもやま雑宝帳

一年も過ぎ去れば早いものです。私はチョコマカと一年を過ごしました。
毎年戴く年賀状の中にも、私の宝物として、殿堂入りする作品が何点かあります。あまりに美しい作品なので、紹介しました。このような賀状はなかなか戴けませんね!私「幸せ者です」
いつまでも感激が持続して 時おり眺めかえしています。「継ぎ紙をつくる」ことも自作で愉しまれていて,ほんとうに 心の豊かな方です。私は、いつも元気をいただいています。「嬉しいことです」
今年も元気に頑張ることができました。ありがとうございます。

d0133199_21302876.gif

             筆美人は日本の宝です・・・!
   絵を描き、書をしたため 紙を作りまさに現代の公家のような方です。
                 三種の賀状を紹介しました。

d0133199_2132521.gif

by kuyugengen | 2008-12-01 21:30 | よもやま雑宝帳