永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

<   2007年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

枯れ葉よ♪・・・・♪

   
駒場東大のキャンバスにはメロディーを感じます。 ひと時の秋のささやきのようです!

d0133199_7395412.jpg

by kuyugengen | 2007-11-21 07:40 | よもやま話

東京の稽古場に長年通って戴いているKさんが「先生今日は時間がとれるようでしたら、勤務先の駒場東大の落ち葉でも踏みしめましょう!校内には、美味しいレストランもあるので、行きましょう」と誘われました。銀杏の黄葉も美しい!ほんとうに“小さい秋がここにはあります。
フランス料理も的を得ていて、良い味付け、景色も料理も満腹しました。ふとデジカメ持ってくれば良かったネ!と後悔しました。携帯画像ではありますが、シヤッターを切ってみました。コース料理を戴いて久々に日本民藝館へも足を伸ばし、楽しい東京日和のひとときでした。

d0133199_621322.jpg

by kuyugengen | 2007-11-21 06:21 | よもやま話

このお菓子は、縮緬で作られた主菓子のいろいろです。金沢在住のお細工物の先生の作品です。何点かの小細工ものを求めましたが、いろいろな作品に、ハートがあります。表現力が、豊富なのでしょう!どのようなおててをしていらっしゃるのかしら?なんて想像してしまうのは、私だけではないでしょう。「こんな素敵が金沢には、ありますョ」と宣伝するので、最近では皆さんから“金沢の親善大使”とちゃかされたりしています。
d0133199_1546450.jpg

by kuyugengen | 2007-11-19 15:48 | よもやま話

東京アトリエのお菓子


「今日は、車できましたから尾山台のオー・ボン・ヴゥー・タンへ寄ってきました。」と優しいお言葉・・・・お店の名前は“なんと素晴らしい”といった訳にあたるのでしょうか・・・・!美しいプチガトウを戴き幸せな一日の始まりです。

d0133199_14263555.jpg

by kuyugengen | 2007-11-18 12:49 | お菓子

薄茶席の干菓子


薄茶席の干菓子は、金沢の友人からの到来ものです。吉はしさんとは、ツウの間柄のお方なので、さすがに色とりどりの干菓子が揃いました。美しいですね。この籠は京都の和久傳の野菜籠です。その籠に主人が来年の干支の切れを使って、張ってくれました。心温まる干菓子器となりました。

d0133199_1423175.jpg

by kuyugengen | 2007-11-18 12:08 | お菓子

杉苔の手入れは大変です。この夏の烈暑で、玄関の杉苔も痛々しそうです。東京のアトリエに九州より来てくださる方がありまして、苔の悩みを話していた所「こんな楽な苔の仲間があるよ」と教えてもらい、私もすぐに同感して、おねだりしました。秋には薄桃色の小花が咲いて、織物の文様のようです。「すぐに増えますよ!」と笑顔で教えてもらいましたが“本当に美しい植物です”まさに唐草小花模様のよう・・・!感激です。私にとっては、寒暖遠路よりのお興し入れの君です。これからの成長が楽しみです。早く増えますように・・・・・!!

d0133199_1421302.jpg

by kuyugengen | 2007-11-09 20:22 | お花

初秋から冬にかけての薄茶のお供は、仙台九重本舗の“霜柱”いつ戴いても感心するアルフェイ糖の干菓子です。今年も仙台より初物の“霜柱”が届きました。感激です。アトリエの皆さんも大感激ようすでした。ありがとうございます。

d0133199_19485748.jpg

by kuyugengen | 2007-11-09 19:50 | お菓子

本席の花


玄々の掛け花入れは、思い出深い、今は亡き紅雪庵主人作の“蹲る”の花入を使いました。
こちらの山野草店で”白玉とガマズミ”をお世話戴きました。がまずみはまだ”照り葉にはなっていませんが、時候のものなので、これはこれで良いと思います。今白玉を探すのは、大変です・・・・!感謝してます。

d0133199_12541844.jpg

by kuyugengen | 2007-11-08 20:52 | お花

金沢の知人よりこんな美しい色の“あけび”を戴きました!
すぐ玄関に飾ってみました。もう一週間になりますが、葉っぱも生き生きと頑張っています。私も“金沢の新鮮”に親しんでおります。

d0133199_1017163.jpg

by kuyugengen | 2007-11-08 19:01 | お花

兼六園ちかくの神社でめずらしいポスターをみかけました。碁盤から飛び降りる可愛らしい幼児の絵が書かれていました。私たちが本物の“着袴の義”を見たのは、現在の皇太子さまの袴着の映像です。私の家でも玄関の待合に毎月の人形飾りをしています。今月はこれに因み、さっそく玄関に、この人形を飾ってみました。
山陰地方と同様に七五三のことを“紐落”と呼んでいます。紐落とは“帯解き”のことです。幼児がそれまでの付け帯をやめて、はじめて帯を用いる祝いの儀式のことです。金沢の石浦神社では、一般に“碁盤の儀”と呼ばれ親しまれております。きっと健康に育つよう願いが、こめられているのでしょう!東京とは違う“たゆたい”のある時が流れています。

d0133199_1018573.jpg

by kuyugengen | 2007-11-08 17:59 | よもやま話