永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

カテゴリ:アトリエの製作品( 89 )

手毬と飾り結び

d0133199_187666.jpg







茶の湯の師匠であった金津滋氏の亡き母は、植物染料で糸を染め民芸の窯元出西(しゅっさい)で綿の花を栽培された木綿で糸を紡ぎこうした手間のかかる手毬創りをされていました。女ながら明治の気骨ある人柄で足が不自由になられて動けない身体をかばいながらも美しい毬や刺し子の作品をつくり生業とされていました。永六輔さんもそんなお婆ちゃんの頑固さが好きで刺し子の上着を注文されていました。あの頃は山陰へもよく足を運ばれていたので、永さん語録もたくさん残っています。「出雲の工人金津滋」と題した永六輔氏の著書もあったと思い出します。その手毬を今回大國魂神社の奥様に譲りました。今年はその毬がお孫さんの雛祭りに花を添えたそうです。思いがけず〝くす玉”のように飾り結びをして床に飾り喜んだことを聞き感激しました。

d0133199_10444941.jpg

d0133199_1045977.jpg
d0133199_10452293.jpg


現在でも、出西窯では、親子で藍の染め・織物を織られています。茶綿・白い綿を栽培して糸を紡むがれて種々の作品が生まれているようです。
by kuyugengen | 2017-03-27 18:13 | アトリエの製作品 | Comments(0)

おばあ様からの贈り物

d0133199_946721.jpg


昨日のお稽古で、こころ温まる贈りものを創られた方がありました。それは、お孫さんが寄宿舎生活をされることとなり、それに際して「何をプレゼントしたらいいの?」と聞くと「おばあ様の創ったお守りが欲しい」と渋いおねだりです。日頃なんでも好奇心旺盛で挑戦されるおばあ様なので、〝それは素敵なおねだり”と納得です。桐の小辺を用いてこのような可愛いいお守りの仏像と袋が完成しました。この袋はミラーワークのぽっちを引っ張ると締り、紐を引っ張ると開く、はてなの袋です。きっとこんな素敵な贈りものを頂けば嬉しいと思います。家族っていいですね!
by kuyugengen | 2017-03-20 09:56 | アトリエの製作品 | Comments(0)

内助の功の仕覆創り

d0133199_17395467.jpg


毎回満面の笑みでお出でになる、伊賀窯の福森さんは人の出入りの多い家なので、煩わしい日々に辛抱もあり、私の所にお出でになる時と電車に乗るひと時が一番のほっとする時間ですゎ!とおっしゃる。長いお付き合なので、互いは気の置けない間柄です。今回は、稽古日ではありませんでしたが、特別に2日間のレッスンをして帰られました。どんなに忙しくても、忘中の閑は誰にでもある時間です。古い人間は、若い人のように手軽に遊ぶことも出来ないので、習い事は、息抜きに最も適切な楽しみであるようです。先月からの続きの茶入を丁寧に仕立られました。陶芸家のお宅の奥様として、自分の居場所を得て内助の功を奏する励みになるのでしょう!そうした意欲と楽しみが彼女の元気に繋がって居られるようです。

d0133199_17431218.jpg
d0133199_1745653.jpgd0133199_17452441.jpgd0133199_17453870.jpg




山里の生活を生かした「ちりめん山椒・福さんご・伊賀牛のしぐれ煮やそぼろ」なども販売されている〝女将の味”は、美味なる作品です。賢い奥さまと、いつも感心しています。これからも元気でご活躍くださいね。
by kuyugengen | 2017-02-15 09:00 | アトリエの製作品 | Comments(0)

新しい札入



通販サイトのブログで紹介した「病院ポーチ」は私のお気の入りです。サイズも大きいので、日常よく使うカード診察券健康保険お薬手帳・ジパング手帳など入れています。しかし札入も仕切りの中に入れたいと思い、このような機能的な札入を作ってみました。薄くて軽くまた結構な枚数のお金も入る。年をとると一つのポーチに収納でき、それでいて目立ちやすい小物は必要であると思うようになりました。

d0133199_9324392.jpg
d0133199_9325755.jpg
d0133199_9331672.jpg


両端のつまみの部分は、上向きに終う。(底の部分が上になるので、お金は落ちない)グリーンの外カバーは中に入れた札入の蓋となります。(ポケットの役目も果たす)小物収納力が一つに纏まらないと高齢者になると忘れものをしやすいと思います。
by kuyugengen | 2016-11-18 09:44 | アトリエの製作品 | Comments(0)

小さな贈りもの




9月10日新宿京王デパートで茶道具の催事があり、あとりえのお仲間5名が呈茶の奉仕に参加されています。そんなことで知人を誘い出かけました。デパートの催事は疲れる奉仕です。お水屋に何を差し上げよう?この所少し時間があったので、このような可愛いらしい〝はてな袋“をつくりプレゼント。〝はてな袋”とは、赤いぽっち両端を引っ張ると口が開き、紐どうしの左右を引っ張ると締る。いずれか引っ張るだけで開閉できるので私は〝はてな袋“と呼んでいます。小さな袋はバックの中の収納に便利で、アクセサリー・ちょっとした小物を仕舞っておくのに便利です。この袋は四段の紐を均等に縫う所と赤いポッチを作るのが面倒ですが、差し上げた方が喜んで下さるのでついがんばりました。


d0133199_934796.jpg
d0133199_9343040.jpg

by kuyugengen | 2016-09-10 09:34 | アトリエの製作品 | Comments(0)


金沢の稽古で可愛らしいランチバックを持って居られる方がありました。さっそく寸法を計らせてもらい図を書いてみる。しかしあまり機能的な創りではなく面倒な加工でした。2・3度改良を加えた後、NHKのアシスタント講師をされている佐伯さんにお願いしたら早々レターパックが送られて来た。さっそく娘を驚かそうと弁当を作る。下段におかず用タッパーが入り、その上にコンビニのおにぎりを2個入れると横から見た▲の形も自然と模られる。「可愛いょ!」と娘にも好評!どんな物でも手作りの小物は可愛らしいですね

d0133199_16211773.jpg
d0133199_16213361.jpg
d0133199_16215662.jpg
d0133199_16221032.jpg

by kuyugengen | 2016-07-16 04:02 | アトリエの製作品 | Comments(0)

瓢型の菓子楊枝・・・!


休日です。〝あとりえのみなさんにどうだろう”と残り切れを利用して菓子楊枝の試作品を創りました。黙々作ると楽しいです。残布はできるだけ薄い布を使うと仕事が楽で丸みはボンドをつけて乾かない内に細かく〝菊寄せ”にしてカーブを付けるとうまくいきます。菓子切りに合わせて型紙の長さを決めると〝貴女だけの菓子切り”の出来上がりです。

d0133199_14473698.jpg

by kuyugengen | 2016-04-13 14:50 | アトリエの製作品 | Comments(0)

おしゃれなエチケット袋



病院へ通院する時の各病院のカードやお薬手帳・など一纏めに収納できると嬉しいものです。先月からそうした便利バックを考え完成したので紹介します。表布はフィリピンのアバカ麻の鋸歯文様です。こんな使いやすい通院ポーチがあったら楽しいですね!ファスナーのある深いポケットも使いやすく予約表やお札も少し入れておけばこれだけもってGOです。私はジパングノートも入れています。

d0133199_18293138.jpg


もう一つは日常の買い物用カード入れです。布で作ってあると軽くてバックの中にあってもスペースを取らず軽いのが利点です。裏布カード入れの部分は幾重にも折り紙のように折り曲げているので長い布が必要です。表布は私のオリジナルペルシャ錦の花文様。表・裏の切れの性質をよく考えないとすっきりいきません。いつもと勝手が違う作業は頭が▽□×になってしまいます。奥のスペースは新札入れにも便利です

d0133199_18395496.jpg
d0133199_1840106.jpg

by kuyugengen | 2016-03-22 18:40 | アトリエの製作品 | Comments(0)

たのしい飾り結び



稽古にお出でになる方々も紐を買い飾り結びをする人が多くなりました。「こんな風になりました。」とアクセサリーを付けてネックレスにまた髪飾りにと楽しそうです。「時間があると夢中になりますょ」とお話になる。「本は解りやすいです。」と嬉しそう 良かったですね。

d0133199_14172123.jpg

by kuyugengen | 2016-03-22 14:17 | アトリエの製作品 | Comments(0)

能管の袋



立派な蒔絵を施した外筒に入った能管の袋ものができあがりました。知人に頼まれたという方の作品です。外包みは厚手の錦・中の笛の筒は柔らかい布で包みました。素敵ですね!

d0133199_14323681.jpg
d0133199_14325548.jpg

by kuyugengen | 2016-03-20 14:33 | アトリエの製作品 | Comments(0)