永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

カテゴリ:お菓子( 145 )

盛夏のお菓子

d0133199_12091772.jpg


7月のアトリエのお菓子は、毎年常例になりました。シャインマスカットの入った「翡翠のしずく」と私が適当に名をつけたお菓子です。瑞々しいこのお菓子はこの暑い夏の3時にぴったりです。お菓子もいろいろご努力がありますね。みなさんに喜んで頂きました。



by kuyugengen | 2018-08-01 12:11 | お菓子

七夕のお菓子

d0133199_18080681.jpg



七夕のお菓子として美しい(いろどり)を見つけました。岐阜のお菓子店の「みずいろ」という乾いた金玉のようなお菓子です。本来送ることは無理と断られたが「壊れても是非見たいので」と無理を聞いてくださった。豊富な地下水のある街・水の(いろどり)をテーマに表現してみたかったそうです。味はとてもさっぱりとしていて、ハイビスカス&ローズヒップ・オレンジ・カモンミール・スペアミント・バタフライ・ピー季節の変化を水の色に襲た短歌のようなお菓子でした。



by kuyugengen | 2018-07-06 18:06 | お菓子

5月のお菓子

d0133199_15304667.jpg


5月のお菓子は吉はしさんの“彩むらさき”という主菓子です。毎回この時期になるとこのお菓子を頂きたくなります。今日から6月のお稽古が始まりました。

杜若 彩むらさきの 唐衣

           襲のいろめ ゆかしかりけり




by kuyugengen | 2018-05-18 16:13 | お菓子

チャーミングなお菓子

「心が元気になる漢方薬」「来間屋平田店」
珍しいお菓子を見つけたので、紹介します。一つは島根の生姜糖の老舗のお菓子、これは前にも紹介したことがありますが生姜糖とはいえ薬袋に入れている所など島根とは思えな斬新な意匠で嬉しい。生姜糖をハート形に仕上げ、飴包みにした。という薬袋のパッケージで、まるで「恋のお薬』のようにできていてとてもお洒落。
もう一つは新潟「越之雪本舗」のクレヨンのお菓子、これも以外性があり面白かったのでいっしょに紹介しました。

「おいしいおえかき」という新潟越之雪本舗のお菓子です。いろいろな味のバリエーションのある8色のクレヨンのお菓子です。まだ食べてはいませんがとても楽しみです。


d0133199_04251376.jpg


d0133199_04185691.jpg



by kuyugengen | 2018-05-15 04:23 | お菓子

井出の里というお菓子


d0133199_18514797.jpg

井手の里を流れる玉川の川岸には、サクラやヤマブキが咲き、古歌にもうたわれたほど有名です。藤原俊成の歌を紹介します。




駒とめて なほ水かはむ山吹の花の露そふ井手の玉川  藤原俊成





d0133199_18540622.jpg



「玉川の里」は景勝地として全国に6ヶ所あり(六玉川)と呼ばれています。

野田の玉川・調布の玉川・野路の玉川・井手の玉川・三島の玉川・高野の玉川の6所です。そんな訳で今回は、山吹を模ったお菓子(井出の里)を蓬餡で贅沢しました。

初夏近し 「井出の里」なる主菓子の

         山吹の花 かたどりて光こぼゆる


今日から稽古始まりました。お待ちしています。



by kuyugengen | 2018-04-15 18:54 | お菓子

3月のお菓子

d0133199_22370155.jpg


ひな祭りのお菓子として有名な主菓子の中に引千切(ひちぎり)があります。蓬の香のする餅菓子は、宮中から伝わったもので吉はしさんのお得意です。あこや貝の形の中に、きんとんが色よく乗っています。この月は、みなさん楽しみにお出でになります。



by kuyugengen | 2018-03-16 22:40 | お菓子

d0133199_10464389.jpg



ビターチョコをコーテイングした「ハート最中」は2種類あります。たろうさんの餡とチョコ・マカダミアンナッツが塩梅よく引き立て合っています。不思議の国の甘露は金沢のお洒落と言える和洋菓子ですね!


                 

d0133199_13485154.jpg
d0133199_13555764.jpg


今日のあびちゃんのお菓子は鶯餅です。お昼のごはんもご馳走が並びましたが、お菓子は別腹で頂戴しました。甘さも控え目で甘露な和菓子でした。熨斗紙には一枝の梅の花です。



by kuyugengen | 2018-02-22 14:03 | お菓子

新年のお菓子


高松の菓子の老舗である「三友堂」の大吉というお菓子がある。大きな獅子柚子の砂糖煮は、年末が近づく頃、限定で発売されています。三友堂さんは大きな獅子柚子を選び直径20cm以上の円なるように、ゆっくり押しをして平にして煮るのだろうと想像します。獅柚子の実は甘みがもあるので普通の柚子のように水に晒す時間は少ないと思う。橘は吉に通じる柑橘なので「大吉」と銘名されたとのことです。
d0133199_08363447.jpg


d0133199_08361805.jpg























新年は美しい蓬餡の入った「丹頂」という練り切りのお菓子を頂くことにしています。吉はしさんのお菓子は甘味のよいことは有名ですが、「丹頂」は造形美と蓬の彩りが融合した銘菓なので、味わいながら誇らしいものがあります。東京にいて発送できないお菓子をみなさんと頂けるのは縁起のよいものです。茶の精神は日常にありてこそ心豊かに暮らせる技と考えています。

d0133199_08364963.jpg

あびちゃん作の“ころ柿”のお菓子到来です。今日は干し柿の中に、こし餡を詰めて、外側に羊羹きじを薄く伸ばし、真白き菓子衣を散らしたお菓子です。熨斗紙は六瓢の絵。今年も息災で頑張ります。



d0133199_14333663.jpg

d0133199_14331708.jpg



























d0133199_16345043.jpg

3時のお茶の時間は、玉露を二煎お出した後に、主菓子と抹茶を出し、一息の休憩を楽しんでいます。玉露を飲み切った後の茶葉はお浸しのような食感です。能登の鳥居醤油の熟成醤油を数滴たらし頂くと又違う風味が楽しめて良いものです。





by kuyugengen | 2018-01-20 08:39 | お菓子
d0133199_20575842.jpg
d0133199_21355037.jpg


あびちゃのお菓子を紹介します。11月のお菓子は子孫繁栄を願う“亥の子餅”です。可愛らし猪の子供“うりぼう”を表したお菓子です。柔らかく、さっぱりとした甘みで美味しかったです。今月の熨斗は“銀杏に江戸菊”上手ですね。お歳を召しても手まめになさるこの方のファイトは素晴らしい!とても前向きな奥様です。



by kuyugengen | 2017-11-19 21:38 | お菓子

9月アトリエのお菓子

9月吉はしさんのお菓子は、練り切り“萩の野”と“鴈行”の2種。初秋を現したお菓子です。彩りも美しく、甘味も爽やかで美味なるお菓子です。気候変動の厳しかったこの夏、ようやく彼岸を迎え照葉も染まる秋近しと感じるこの頃です。月島の稽古お待ちしています。


 
d0133199_10062245.jpg

d0133199_10062723.jpg

               
       

by kuyugengen | 2017-09-20 10:18 | お菓子