永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

カテゴリ:お菓子( 154 )

幸せのおしそわけ

d0133199_19042544.jpg


新居へ移られる為しばらくの間、お休みされたていた方が、中元の挨拶にと久しぶりにアトリエへ顔を見せて下さいました。その方は、月島のタワーマンションの建築完成まで借り住まいをして居られました。8月に引っ越し老後を便利な都心暮らしをと、ご主人さまからのご褒美とのことです。ゆっくりお話して紐結びなどしてお帰りになりました。そんな訳で3時の“おやつ”は、頂いた鶴屋吉信さんの「夏越川」という季節菓子をお相伴しました。このお菓子の由来は陰暦6月晦日、京の社では、王絵巻さながらに今でも、夏越の神事を行い、そして茅の輪くぐりをして厄を祓う。下賀茂神社では、立秋の前夜、「御手洗(みたらし)(かわ)」で人形流しが行われます。琥珀糖に御祓(みそぎ)の清流を模したお菓子は、まさに雅菓と言える銘菓です。口の中でシャリシャリとした氷のような食感も素晴らしかった。初めて頂いたお菓子です。



d0133199_15290442.jpg

♪神と和し 茅の輪くぐりて厄祓い 御手洗(みたらし)(かわ)に しるし流すや♪





by kuyugengen | 2019-06-29 19:09 | お菓子 | Comments(0)

路芝というお菓子

d0133199_19341833.jpg


松江市に風流堂というお菓子処があります。その中に「路芝」という茶の湯に合うイッピンがあり、つど、およばれしています。今日は、できたての柔らかいお菓子が届き皆さんと美味しく頂戴しました。緑色に染めた求肥に白ゴマを加えて練り、表面に「氷餅」という素材の粉がまぶしてある。現代人にも愛される甘みです。銘は不昧公であったと聞いています。道端に生えていても風雨に負けない雑草の強さを誉めたお菓子なのでしょう!細い短冊型に切り、ひと捻りした洒落感は素晴らしい!

  ♪踏まれても強く生きるや路の芝 夏のみそらに虹の橋かけ♪



by kuyugengen | 2019-06-24 19:40 | お菓子 | Comments(0)

6月のお菓子

d0133199_20002461.jpg


6月の稽古始まりました。今月のお菓子は、金沢“吉はし”さんの撫子の花・練り切りです。中の餡は白小豆です。できたてのお菓子は、口の中で解ける味わいです。撫子の花は「常夏の花」とも呼ばれていて茶席で喜ばれるお菓子の一つです。

 ♪陽をもとめ可憐な小花 初花に 見れども飽かね常夏のはな♪



by kuyugengen | 2019-06-20 20:06 | お菓子 | Comments(0)
d0133199_14382733.jpg




5月のお菓子は“彩むらさき”という主菓子です。今回、中の餡は大納言を選びました。王朝の貴族が着用する杜若色の唐衣を表したお菓子です。金沢「吉はし」さんの注文菓子です。

   ♪薄ころも袖に通いし涼風(すずかぜ)の 彩むらさきに綾の花さき♪








by kuyugengen | 2019-05-20 14:43 | お菓子 | Comments(0)

美しいきび団子

d0133199_19301165.jpg

今日は「きび団子」の老舗・岡山廣栄堂さんの限定「元祖きび団子」を紹介します。桃太郎といえばこの団子が直ぐ頭に浮かぶものです。安政3年創業とはさぞ古い物語もあるでしょう。正月や端午など季節の区切りにこの限定品が販売されるそうです。今年は令和を祝いこの愛らしい団子ができたようです。私の手元にはありませんが、数少がないので仕方がないこと。しかし画像が手に入りましたのでアップして紹介しました。老舗ならではの遊び心ですね。




d0133199_19121211.jpg


d0133199_19300600.jpg


by kuyugengen | 2019-05-11 19:33 | お菓子 | Comments(0)


4月は“井出の里”と銘のあるお菓子です。玉川の里は山吹の花の景勝地として有名な場所が全国に6ヶ所あり六玉川と呼ばれています。野田の玉川・調布の玉川・野路の玉川・井手の玉川・三島玉川・高野玉川の6所です。そんな訳で今回は、山吹を模ったお菓子(井出の里)を蓬餡で贅沢に模ったお菓子です。

d0133199_17120070.jpg


六つ玉川のこと
大阪府高槻市を流れる川を三島玉川、宮城県多賀城市を流れる川を野田玉川・東京を流れる玉川を調布玉川・高野山奥の院の高野玉川滋賀県草津市の野路の玉川今回のお菓子の銘である京都の井出の玉川と六ツの玉川がありますが、かならずしも現在山吹の花は多くない場合もあるでしょう。

    

♪さくら散り卯の花月をむかえきて 春蘭・堅香子・山吹と余りの月を可憐に彩る♪






by kuyugengen | 2019-04-22 17:13 | お菓子 | Comments(0)

プーアール茶の善哉

d0133199_20160029.jpg

今月は午前のお菓子は手作りしています。白玉をまるめて、古茶のプーアール茶にこし餡を解き、爽やかな善哉です。とても好評で嬉しい。皆さんをお迎えできる幸せを感じています




by kuyugengen | 2019-03-24 20:16 | お菓子 | Comments(0)

3月のお菓子

d0133199_19044252.jpg



3月のお菓子は「()千切(ちぎり)」です。この形は、餅を引きちぎったような形。宮中で餡を餅に入れて丸める手間を省く為このようになり、ゑも云えぬ景色として愛されています。吉はしさんは蓬を使い香り高い「引千切」を創られています。美味しく頂きました。



by kuyugengen | 2019-03-15 19:05 | お菓子 | Comments(0)

師走のお菓子

d0133199_06382810.jpg


12月のアトリエのお菓子は、久しぶりに金沢たろう工房の“雪色ひいらぎ”と言う饅頭を選びました。小さな柊の葉が1枚中心にあり、ほうじ茶風味の皮にホワイトチョコと餡が合わさり“ミルクテイ”の雰囲気を表したお菓子のようです。餡の真ん中に黒豆が一粒隠れています。遊びこころの多い“たろう”のお菓子。この饅頭は“たろうの一週間”と銘打った月始めの限定シリーズです。期間は、ずれましたが無理をお願いして楽しんでいます。



by kuyugengen | 2018-12-15 06:42 | お菓子 | Comments(0)

盛夏のお菓子

d0133199_12091772.jpg


7月のアトリエのお菓子は、毎年常例になりました。シャインマスカットの入った「翡翠のしずく」と私が適当に名をつけたお菓子です。瑞々しいこのお菓子はこの暑い夏の3時にぴったりです。お菓子もいろいろご努力がありますね。みなさんに喜んで頂きました。



by kuyugengen | 2018-08-01 12:11 | お菓子 | Comments(0)