永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

小松の料理

d0133199_21380659.jpg

夕方東京の友人の来訪あり、この方は沖縄一人旅で知り合った友人で、気があったのか月島へ遊びに来てくださる方です。金沢の小松の料理が是非食べたいとの希望があり私が予約した次第です。香箱蟹も昨日解禁になり初物を美味しく頂戴しました。



d0133199_21380394.jpg

      名残の松茸は土瓶蒸しで香りの高い献立です。

d0133199_21375908.jpg

     なめらの昆布締め・甘エビのお造りもねっとりと美味しい



d0133199_21375518.jpg

d0133199_22074969.jpg
     かじきマグロ・アオリイカの刺身もとろける触感です。

     

d0133199_21375047.jpg



      スッポンのスープも久しぶりで大ご馳走贅沢です。

      

d0133199_21374643.jpg


いよいよ八寸の登場・あん肝・錦卵・鮎のうるか・飯蒸しのカラスミ散らし・あんぽ柿とチーズ挟み・茗荷・鮎の煮びたし・蛸の柔らか煮・オクラ・一口といえど品数の多い海山の珍味です。マナガツオのレモンライム掛けも美味しく頂戴しました。蕪と海老芋の煮びたしは画像を忘れました。最後に白山近郊鳥越の新蕎麦・結びに奈良の大しろ柿でお茶を戴きました。満腹まんぷくの夕食でした。帰宅後は食事の矯正をしなくてはいけません。今の所たまの贅沢は許されているので大丈夫と思います。


d0133199_21374226.jpg

d0133199_09470474.jpg

d0133199_21373802.jpg

夜は殆ど食べない私ですが、この所がんばっています。去りゆく秋の味覚に感謝いたします

はつものの香箱蟹に舌つづみ 名残松茸香気いとしや


 









by kuyugengen | 2018-11-08 22:02 | よもやま話 | Comments(0)