永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

干支切れで茶筥の仕覆を

昨日は、稽古日の予定ではなかったですが、休日ということもあり希望者4人で、たのしく稽古しました。茶筥のセットも外包みと棗の仕上げを完成しました。ご自身の還暦のお祝いの茶事の為に頑張られています。記念日があるのも良いものですね。来年の干支亥の文様「宝尽くし松葉亀甲にウリ坊」の文様なのでご馳走になります。棗の裂は、お手持ちの思い出のある布緒の色とよくあっています。




d0133199_15503305.jpg


d0133199_15502822.jpg


by kuyugengen | 2018-10-09 15:52 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)