永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

菊のお節句まじか・・・!


台風の襲来の多い月です。8月の稽古も恙なく済み元気に夏を乗り越えたことは有難いことです。99日は新暦の「重陽の節句」です。古来奇数は縁起のよい陽数で偶数は好まれない陰数と考えられていました。季節の節目としてお祝いしたのが五節句です。重陽の節句は菊の節句とも呼ばれ、菊の花は薬草としても珍重されていました。



d0133199_19515969.jpg


d0133199_19514914.jpg

「菊酒」をつくり、「被せ綿」といって前日に菊の花に綿を被せ、翌朝菊の露を含んだ綿で体を清めると長寿を賜るといわれていました。茶の世界では、菊の花に被せる真綿を赤・黄・緑など食紅を用いて染めて花に被せる風習が残っています。しかし本来は菊の盛りは109日頃にならないと様々な菊は揃えられず、薬用菊である山形産の「もって菊」の天然も手に入らない。そんな訳で、私は旧暦を待って重陽の茶会を主催していました。菊の香は清々しもので、今年の猛暑の辛さも忘れさせてくれると良いですね。


d0133199_19515384.jpg


床飾りは生の菊の花の薬玉を創り、軸は和歌巻朗詠集露の部・憐れむべし 九月初三の夜 露は真珠に似たり 月は弓に似たりを掛け朗読などしたものです。重陽の茶事は年数を重ねるごとに道具も充実して愉しい茶席となりました。




d0133199_19513178.jpg


d0133199_19512318.jpg

(きせわた)綿をくるみて菊花夜もすがら

          あしたの君は若ゆばかりに





主菓子は、“栗きんとん”吉はしさんの栗は何とも美味であり口の中で解ける。しかし「栗の時期と蓬の時期は辛いです」とおっしゃる。毎日のことなので納得できるお答えです。




d0133199_19514375.jpg



d0133199_19511501.jpg




by kuyugengen | 2018-08-31 20:08 | 茶事 | Comments(0)