永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

懐かしい展覧会の写真


大宮から長野までぐっすり眠ってしまった。そうだ立山の景色はどうだろう?と車窓を眺める。先月までの神々しい山の景色はまさに一遍して夏山蒼翠にして滴るが如くの言葉通りです。金沢に着いて、さっそく近所のカメラ店にDVDに移したデータを取りにいきました。なかなか整理されていて解りやすい。

d0133199_1926233.jpg
d0133199_19264681.jpg


目白の蕉雨園で行われた展覧会の写真は私が一番活躍していた頃の記念写真で懐かしい思い出です。
この建物は明治時代の宮内大臣田中光顕伯により明治30年に建設された非公開の施設です。昭和7年に講談社初代社長が購入し、 園内にある松尾芭蕉ゆかりの芭蕉庵、にちなみ、蕉雨園となづけられたそうです。椿山荘に隣接して約6000坪の敷地があり、回遊式庭園に囲まれた明治の貴重な建物。特別な時にしか入ることはできませんが、ドラマの撮影などにもよく使われています。

d0133199_19365569.jpg


d0133199_19412868.jpg

d0133199_1944374.jpg

d0133199_19443931.jpg

d0133199_19495170.jpg
d0133199_19501479.jpg


d0133199_20531821.jpg


d0133199_20534234.jpg















今振り返り見れば皆さん若かった。たくさんの良い思い出が華やかに甦ります。少し写真の劣化も始まっている。今が良い機会と感じてデジタル保存して良かった。直ぐ資料として役に立つのでやはり便利です。
by kuyugengen | 2015-06-09 19:54 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)