永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

遠くに見える みちしるべ


数日来うつうつと寝るばかり身体を休めた。年齢からくる疲れは、当事者でないと解らない。私のこころの心棒も、すこし揺らぎ停滞したが、元通りにもどりつつある。朝はストレッチ運動を少し始めて、静かに写経用紙に向ってみた。しかし目に力が入らない。半分書いてこんどはパソコンのキーを打ってみた。心静かな日です。そしてお日和も良い。
d0133199_1302533.jpg

旅行を共にしたご夫妻から色鮮やかな紅梅の写真葉書が届きました。無事に旅ができて嬉しかった様子が書かれている。元気な旅でよかったね。私の心に吹いた大風もお陰さまで今はそよ風となりました。しかし風邪は抜けない。困ったことに去年も今年も風邪を引いた。
d0133199_1353295.jpg
心は弱いもので気の持ち方が少し狂うだけで身体は悲鳴をあげる。心の持ち方は元気の秘訣のようです。この数日ブログの更新がなく心配かけたので、簡単に心境を書きました。人は弱っていても、それなりの目標を持ち、新しいみちしるべを見つけなくてはならないようです。今遠い霧の彼方にそんな標識が見えたように感じています。d0133199_1353295.jpg


     
   
by kuyugengen | 2013-01-13 13:09 | よもやま話 | Comments(0)