永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

路芝というお菓子

d0133199_19341833.jpg


松江市に風流堂というお菓子処があります。その中に「路芝」という茶の湯に合うイッピンがあり、つど、およばれしています。今日は、できたての柔らかいお菓子が届き皆さんと美味しく頂戴しました。緑色に染めた求肥に白ゴマを加えて練り、表面に「氷餅」という素材の粉がまぶしてある。現代人にも愛される甘みです。銘々は不昧公であったと聞いていますが、道端に生えていても風雨に負けない雑草の強さを誉めたお菓子なのでしょう!細い短冊型に切り、ひと捻りした洒落感は素晴らしい!

  ♪踏まれても強く生きるや路の芝 夏のみそらに虹の橋かけ♪



# by kuyugengen | 2019-06-24 19:40 | お菓子 | Comments(0)

アトリエのお昼

d0133199_14434983.jpg


623日の稽古、お昼のご飯は、とうらい物も多く、品数も多くご馳走の多い稽古日でした。今朝も早々、山菜や野菜が届き、ことの他嬉しい日です。お賑やかな昼食を頂き感謝です。



# by kuyugengen | 2019-06-23 14:44 | よもやま話 | Comments(0)

蕨の到来

d0133199_10540763.jpg

(
)

昨日新潟からお出でになる方があり、沢山の蕨が届きました。蕨はゼンマイとは違い山奥で育つものではないそうです。昨日のお昼は早速わらびの花の部分を天婦羅にして美味しいお昼となりました。丁度、加茂茄子もあり、田楽にしたのでご馳走稽古となりました。夕べ蕨のあく抜きをして今朝ふくめ煮です。又明日の方々にご馳走したいと思っています。季節の山の恵みは嬉しいものです。新潟では乾燥させて蕨を年中使うそうです。また送って頂くこと楽しみにしています。



  

萌え出づる深山の里の若菜かご 早蕨(さわらび)折りて美味をいろどる♪



# by kuyugengen | 2019-06-22 10:55 | よもやま話 | Comments(0)

6月のお菓子

d0133199_20002461.jpg


6月の稽古始まりました。今月のお菓子は、金沢“吉はし”さんの撫子の花・練り切りです。中の餡は白小豆です。できたてのお菓子は、口の中で解ける味わいです。撫子の花は「常夏の花」とも呼ばれていて茶席で喜ばれるお菓子の一つです。

 ♪陽をもとめ可憐な小花 初花に 見れども飽かね常夏のはな♪



# by kuyugengen | 2019-06-20 20:06 | お菓子 | Comments(0)
d0133199_13500369.jpg


20日から6月の稽古が始まります。今日は余暇の時間を使い“折り畳みのエコバッグ”を試作してみました。この形はテレビの通販用品で紹介していた便利なエコバッグです。コロコロと小さく丸めてバッグの中に仕舞えて、3.5幅のプリーツに折りをつけた布が広がりスーパーの籠の中に納まる。レジの方に整頓よく詰めてもらえるという便利があります。「良く考えられた袋だ!」と感心しながら完成しました。本来ミシンで縫うのですが、私は丁寧に手縫いです。そんな訳でとても楽しいひと時を楽しみました。地球環境にやさしい思いやりの心は大切ですね。




d0133199_13495834.jpg

d0133199_13495123.jpg


大きく膨らんでも袋の両端を開くとプリーツが元通りに戻る。とても便利です。この袋は、布が厚いのは適さないので、適度の薄さと丈夫さを考えての布選びが必要です。可愛らしいですね!年をとると、1日ぼんやり過ごすことは、体に悪いので必ず何かに集中する時間を少し持っています。「人間さまは楽はできないようにできているようです。」何とかぽっくりとお迎えがくることを願います。




d0133199_14053573.jpg



# by kuyugengen | 2019-06-17 14:10 | よもやま話 | Comments(0)

雨の日の思い出

d0133199_17410645.jpg


梅雨あめの1日、予定では夜ほたるを見に行く所でしたが、中止となり又来年への楽しみに回すことになりました。お昼お嫁さんと友人の3人で月島のスペイン倶楽部へ食事に行きましたが、あまり口には合わなかったBS美食探訪の土井先生の番組で紹介されていたので行ってみたかったが、最近先生の番組も「軽妙なトーク!に、だまされること多し」まぁ番組なので仕方ないかも?お口直しに銀座six4Fの「中村藤吉本店」宇治の抹茶のスーツへ行きました。これも銀座特集“美味しいに決まってる銀座”と題する店の紹介をたよりに行きました。これは、とても美味しかったです。6月雨の日の思い出でした。




d0133199_17411295.jpg

d0133199_17411517.jpg

# by kuyugengen | 2019-06-15 17:46 | よもやま話 | Comments(0)

群馬・赤城植物園にて

d0133199_19233057.jpg


  ♪キラキラと降り注ぎたる木漏れ日に ゆさゆさ揺れる若楓愛しや♪




梅雨の晴れ間暖かい日です。今日は赤城植物園に散策の旅です。現在の時期は山野草も多くはないものの、運良ければ「大山蓮華」の花に出会えるか?と言った所です。しかし地味ながらも「二人しずか・フウロ草・クガイソウ・柳蘭・しょうま・都忘れ・アジサイ・チングルマ・破れ傘・鹿の子草・大山蓮華」と雑木の森は初夏を迎える花が次々と咲いています。赤城植物園は完備の良い、傾斜も緩やかな散策路です。休憩できる木の椅子も多く来園客への配慮も良い。


d0133199_19241432.jpg

  ♪エゴの木の真白き小花はな散らし 散りては溜まり何の花かと♪



d0133199_19233691.jpg

d0133199_19234179.jpg

d0133199_19235056.jpg

d0133199_19235754.jpg
d0133199_19240320.jpg


   ♪深山路に「大山蓮華」見つけたり 真白く咲きて蓮に似たりて♪

d0133199_19241072.jpg

園内で声を掛けていただいたご婦人、「なんて素敵な装いでしょう!」私もつい「お写真撮っていいですか?」と聞くと嬉しそうに笑顔のポーズです。一緒に里に下りました。大山蓮華は見たこともない大木でした。私は、表参道のマンションの庭で野の花を200種育てた9年間がありました。大山蓮華も育てましたが何故か3年目に駄目になりましたが2回挑戦しました。沢山の草花の苗を高松の山野草店から輸送してもらいました。花の咲かない月はない楽しい日々を過ごしたことを思い出します。今日は亜希乃先生が普段使いの茶籠を携えたのでお茶一服を楽しみました。ありがとうございました。






# by kuyugengen | 2019-06-13 19:35 | お花 | Comments(0)

雨の日の楽しみ・・・!

d0133199_16544416.jpg


d0133199_16552507.jpg


d0133199_16043090.jpg



今日は梅雨の雨が降っています。草花や農作物に恵みの雨でしょう。

人間さまは朝は2度寝お昼から夕方まで、ゆっくりと絵を描いて過ごしました。朝顔の咲く季節なので練習してみた。やはり葉っぱが様にならず今年も反省。ひまわりと朝顔を混ぜてみるが彩色の時、妙に顔彩が散る!捨てるには勿体ないので何度も彩色を重ねたが良い結果はでない。鬼百合は初めて描く百合の色を強調する為に葉っぱは塗らず止めてみる。雨蛙を描いてコーヒータイム!続きに夕顔と朝顔を足してみる。何はともあれ素人のお遊びは楽しいでーす。




 ♪年ふれば花鳥風月うた詠みて 老いには老いの花を咲かせる♪




# by kuyugengen | 2019-06-10 16:55 | よもやま話 | Comments(0)

小石川後楽園の見学

d0133199_17200624.jpg

♪うちしめり菖蒲(あやめ)小雨のぬれば色 葉にこそ匂いありてうれしき♪



d0133199_17212792.jpg

この所家の中の用事が多く運動不足気味でした。娘が「今日は涼しいので小石川植物園の菖蒲でも見に行く・・・?」と誘ってくれた。返事も良くOKした。飯田橋下車でとても近いのであまり散歩にもならない距離ですが、天気の晴れ間の見学です。菖蒲園は今日が最終日とのこと美しい花を品々に眺めて楽しみました。新緑の青紅葉も目にしみます。



    ♪菖蒲田は五月雨うるう小石川 彩むらさきに咲ける花園♪

d0133199_17221172.jpg

d0133199_17221920.jpg

d0133199_17223288.jpg

d0133199_17215003.jpg

   ♪水戸さまの築山庭園ながむれば さざ波けむる滋賀の唐松♪

d0133199_17224297.jpg

d0133199_17224871.jpg

一見コンクリートで出来ている橋のように見えるが江戸時代にコンクリートはなく石を切り出して組み合わせたという橋です。何百年も変わらぬ姿を保っているとは驚きです。小石川庭園は水戸様の庭園なので、何気ない石のオブジェ一つも今では考えられない労働力を積んでいます。池は滋賀の琵琶湖を模して、1本松は唐崎の松を植えたものです。金沢兼六園の松と兄妹ですね。



d0133199_17225249.jpg

四季折々の草花が愛でられるこの庭園は、近くにありて幸せなことです。藤から花菖蒲・夏は蓮・彼岸花となり秋は紅葉・冬は雪吊り・梅・春は桜と広い庭園は花の園です。又蓮を見に行きたいと思っています。ご案内に感謝します。






# by kuyugengen | 2019-06-09 17:37 | お花 | Comments(0)

丸く大きなバック考

d0133199_16385983.jpg


以前月島へ通って居られた方が遊びにお出でになり、楽しいひと時を過ごしました。私とその方は気のおけない間柄です。時々「来ませんか?」と誘うと大概来て下さるので有難いことです。食事をして帰る時、便利そうなバッグが目に留まり。「いいね!」と思い拝見、型紙を教えて貰う。そんな訳で収納力のある軽い布性のバックを創りました。「中々おしゃれな手提げ」です。中のポケットも大きくして、D鐶も2個付けて完成です。稽古が休みの時も規則正しく生活をしていないと老いに負けそうになる。5時までは、充実の時間を保つよう心がけています。生きている限り、怠けていると全てが衰える。そんな周りの人を見ているので“好奇心旺盛”に学んでいます。ミシンのスピードはないが集中力もあり手縫いは、とても良いリハビリになるようです。



d0133199_17171952.jpg


金具の付いた“クラッチバッグ”は、現在思考している途中の作品で完成品ではありません。セカンドバッグとしては、軽く収納も良いタイプです。試作する場合は、幾つか創ってみないと完成品にはなりません。女性は、兎角バッグが好き!幾つあっても欲しいものです。身近に置くことで、満足感が生まれるものです。厚みのあるしっかりした生地を選ぶことが重要です。



# by kuyugengen | 2019-06-08 16:42 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)