永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen
d0133199_18430169.jpg

今日は府中にある大國(おおくに)(たま)神社へ4人の友人と参拝に行きました。東京で最もパワーのある土地神さまがおられると伝わるご利益が大きい神社。正月の参拝客は多く七草を待ちお詣りに行きました。こちらの奥様は私のアトリエにもお通いになり時折気分転換されています。ご自宅の床の間には奥様の作品が立派に飾られていて嬉しく思いました。




d0133199_18431320.jpg


d0133199_18430869.jpg



国立市の谷保にあるパワースポット()()天満宮へこの神社は、関東三大天神と言われている有名な神社ですが「やぼ天神」と聞くと「なに!」と聞き返す音色です。梅林も広く梅の蕾がたくさん付いています。梅林付近では綺麗な羽根の鶏が放し飼いされていて梅の木に登り日向ぼっこしています。可愛らしい光景でした。


d0133199_18524180.jpg

d0133199_18431821.jpg

座牛の石の像はユニークで珍しく愛くるしいお顔で素晴らしい造形です。



d0133199_18432478.jpg

今回使った本殿の画像は、インターネットより拝借しました。人の居ない画像なので建物全体像が美しく見える。いずれもご立派な神殿。とても有意義な1日を過ごすことが出来ました





# by kuyugengen | 2019-01-07 19:00 | よもやま話 | Comments(0)

アトリエの仕事始め

d0133199_09183230.jpg


得意分野を生かして、さまざまな作品を思考する中に結びがあり、新年のふさわしいリースを創りました。工夫を凝らしたリースは美しいですね。



d0133199_09183970.jpg


亜希乃先生の仕事始めは茶筥の中の網袋・茶巾筒は小さいものなので、つがり糸も極細手に打ち丁寧に組んでいます。振り出しは少し大きくなるので、かがり糸も少し太めにと年々新しい工夫をふやしているようです。日本の伝統文化を守ることは大切です。



# by kuyugengen | 2019-01-07 09:21 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)

嬉しいメール到来

今朝は嬉しいメールが入りました。年末納品した“亥の文様・亥ハ喜びて子とあそぶ”と題した文様を帯にされた方があり初釜の時に締めたとのこと。「みなさんから好評でした。」と写真を添付され嬉しかったでーす。この帯は柄とりをするにあたり、型の間隔を少し修正しました。


d0133199_11014265.jpg


d0133199_11023428.jpg


# by kuyugengen | 2019-01-06 10:59 | よもやま話 | Comments(0)

d0133199_08225799.jpg
新年明けましておめでとうございま正月は例年のごとく“グズグズ”と寝正月をしています。ささやかな日常のウオーキングとお寺や神社へのお詣りをしました。そろそろお針始めをしなくてはと思っています。青空の澄み切った空が一番のご馳走です。幾つか冬の花を描いてみました。



d0133199_13421343.jpg

寝正月若湯いただき水入らず ぐずぐず暮らす つかの間の御代


# by kuyugengen | 2019-01-03 08:27 | よもやま話 | Comments(0)

をけら詣り

大晦日から元旦の朝まで京都八坂神社では“をけら詣り”の神事が行われます。移した火を消さないように火縄をくるくると回しながら帰る。消えた縄は「火伏のお守り」として台所にお祀りするそうです。除夜の鐘を聞きながら“をけら”を持ち帰る風流は一度体験してみたいと憧れる行事です。


d0133199_08024096.jpg

♪年の夜に浮きつ沈みつ日はながれ 蝋月さりゆく平成末年



# by kuyugengen | 2018-12-30 08:06 | よもやま話 | Comments(0)

雪景色

北陸に初ゆきふったと知せあり 鈍色のそらに思いはせて


d0133199_17134599.jpg

大晦日も近づくとNHKは紅白の出場者の紹介に語気を強める。昭和・平成と年を重ねるたびに、段々と心が浮き立たない寂しさ感じるものです。世の中の流行や系統の変化の速さについていけない!それは様々な分野でも変化している。忙しい世の中です。今日は北陸に初雪が降ったとメールが届く。美しい白化粧でした。お知らせありがとう!







# by kuyugengen | 2018-12-28 17:19 | よもやま話 | Comments(0)

護摩供養 御礼

# by kuyugengen | 2018-12-26 16:44 | よもやま話 | Comments(0)

納めの稽古

今日で月島の稽古も無事に納めの日を迎えました。制作された作品を少し紹介します。抹茶垸の仕覆は明治期の出雲地方の農家の人の手機で織った残糸を一枚の布にして野良着などにした生地で凹凸もあり、素朴な美しさがあります。能楽のばち袋を創られた方は、先日数珠入れをいくつも作られた方の残りの裂で、二人のお嬢さまへのお形見を創られました。一本の角帯を使い切り有意義な作品となりました。茶入の仕覆は、干支の裂を使い来年還暦茶会の茶筥の中の茶器袋として完成されました。茶筥の仕覆から作り始めて中の道具にも思いを込めての完成品の数々となりました。


d0133199_16150643.jpg

d0133199_16151861.jpg

d0133199_16151251.jpg

カメラが趣味のお主人のお手元供養の袋にはカメラの形を提案して今日の完成となりました。確かに笑みがこぼれる供養かもしれませんね!




d0133199_16282757.jpg


# by kuyugengen | 2018-12-25 16:27 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)

降誕祭

d0133199_13261273.jpg

冬至・天長節・降誕祭つぎは新年と忙しいこの頃です。月島の稽古も明日で納めとなり年末年始は少しゆっくりできそうです。


()

d0133199_13261921.jpg




# by kuyugengen | 2018-12-24 13:27 | よもやま話 | Comments(0)

d0133199_07063404.gif

平成最後となる天皇の誕生日、次世代へのバトンタッチも近くなるようです。平成は災害の多い年でしたが、天皇皇后両陛下の被災地へのご訪問も度々のことでした。病んでいる地球ですが、どうぞ穏やかな日の多いことを願いたいものです。
天長節祝うおもいに旗ゆらぎ 祝へる言の葉 御幸の町に♪



# by kuyugengen | 2018-12-23 10:24 | よもやま話 | Comments(0)