永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

俳画教室で学ぶ

d0133199_09452008.jpg

昨日は俳画教室に行きました。題材は「胡瓜」と「プチトマト」あっ簡単と思いきや「胡瓜されど胡瓜・筆の持ち方や書き順に約束ごとが多く色のグラデーションなど学びまた。鬼の絵は欠席した時の古い題材で季節遅れになりましたが、今回遅ればせ練習しました。これも顔のグラデーションが難しかったでーす。俳画はとても苦手です。しかし知らないことを知る機会が得られるので有難いと感じています。三越の稽古場から帰り次の日に再度挑戦して次の月に提出すると「貴女自習するなんて偉いゎ」と誉めてもらいました。

d0133199_09443281.jpg

d0133199_09442774.jpg



# by kuyugengen | 2018-05-23 09:50 | よもやま雑宝帳
d0133199_21135408.jpg

七段花シーボルトより伝えくる

          小あじさゐは幻のはな

d0133199_21134981.jpeg

d0133199_21134141.jpg


# by kuyugengen | 2018-05-22 21:14 | お花

5月のお菓子

d0133199_15304667.jpg


5月のお菓子は吉はしさんの“彩むらさき”という主菓子です。毎回この時期になるとこのお菓子を頂きたくなります。今日から6月のお稽古が始まりました。

杜若 彩むらさきの 唐衣

           襲のいろめ ゆかしかりけり




# by kuyugengen | 2018-05-18 16:13 | お菓子

極小の籠のひとそろえ

d0133199_11074222.jpg

金沢で茶事をしていた時、5月は過ごしやすい月でした。立礼席のお持て成しも軽やかな籠の登場でみなさんに喜んで頂きました。この茶籠はとてもコンパクトに収まり、道具もそれぞれ納得できた組み合わせです。掌中に収まる唐物の籠は私の宝物です。




d0133199_11075043.jpg


# by kuyugengen | 2018-05-17 11:08 | よもやま雑宝帳

チャーミングなお菓子

「心が元気になる漢方薬」「来間屋平田店」
珍しいお菓子を見つけたので、紹介します。一つは島根の生姜糖の老舗のお菓子、これは前にも紹介したことがありますが生姜糖とはいえ薬袋に入れている所など島根とは思えな斬新な意匠で嬉しい。生姜糖をハート形に仕上げ、飴包みにした。という薬袋のパッケージで、まるで「恋のお薬』のようにできていてとてもお洒落。
もう一つは新潟「越之雪本舗」のクレヨンのお菓子、これも以外性があり面白かったのでいっしょに紹介しました。

「おいしいおえかき」という新潟越之雪本舗のお菓子です。いろいろな味のバリエーションのある8色のクレヨンのお菓子です。まだ食べてはいませんがとても楽しみです。


d0133199_04251376.jpg


d0133199_04185691.jpg



# by kuyugengen | 2018-05-15 04:23 | お菓子

越冬つばめ

d0133199_22241800.jpg


渡り鳥である燕は暖かくなると日本へ渡ってきます。普通寒くなる前に帰るものです。しかし極まれにいつまでも帰らない燕を見ることがあり“越冬つばめ”と呼ばれています。日本には四季があるので、燕にとって餌が豊富ということもあるらしい!しかし帰れない燕は体が弱いとか何か問題があるのでしょう。そんな訳で寒くて死んでしまう燕も多い。燕の世界も生きるのは、たいへんのようです。



# by kuyugengen | 2018-05-13 22:26 | よもやま話

anniversary

d0133199_08252697.jpg

賑やかに母の日いわう家もある


          ひとひ無事ならこの世の浄土



# by kuyugengen | 2018-05-13 08:26 | よもやま話

大名茶人・松平不昧

d0133199_19271288.jpg

日本橋の三井記念美術館の展覧会へ行きました。「大名茶人松平不昧」の没後200年の記念展覧会です。「天下の名物にして一人一家一国の宝にあらずと知るべし」という信念で収集した天下の名品「茶の湯は稲葉における朝露のごとく、枯野に咲ける撫子のようにありたい」と茶を生涯の友とされた大名茶人、遠州公の綺麗寂と同様大名ならではの審美眼は素晴らしい。毎回ですが心に残る名品を描ける範囲少し描いてみました。香合・原羊遊斎作(はら・ようゆうさい・狩野伊川院(かのういせいいん)下絵・香合の蒔絵キリギリスとかまきりでを描いてみました。いずれも不昧公のお抱え蒔絵師や絵師の共作。薩摩竹の水指初めて拝見した時は「世の中にはこのような大きな竹がある?」と驚いたものです。現在では「確かに暖かい國ではかぐや姫が収まる竹もあるのだから」と納得しています。不昧公もこの竹をご覧になった時の驚きは想像できるようです。島津公から贈られた竹と伝えられています。大井戸茶「喜左衛門」も以前拝見した時は、長く使われた形跡もなく老醜をおびていましたが、今回拝見した井戸は見違える程美しい肌合いで気持ちよいものでした。



d0133199_17034379.jpg

d0133199_17032211.jpg


今月のアトリエの掛軸は不昧公茶の湯の五か条を掛けてみました。筆者は私が若かりし頃茶の湯のことを丁重に詳しくお教え頂いた師匠・紅雪庵主の筆です。茶の湯をするもにとって大切な心構えと教えて頂きました。現在の茶の湯の日常は、まねごとばかりが重要になっていて自分が表現できないのは寂しいことです。茶の湯尽くしの縫いを用いて表具を意匠した作品で思い出深いものです。

d0133199_19181967.jpg



茶の湯の五か条

一 茶の湯はいかにも綺麗にいさぎよく 寂たる中にも見所のあるを本とす。


二 時世の移り行きを不辧(わきまえず)一つのところに足をとめて移行を不知(しらざる)ものは、生涯 の下手と申すなり

三 先達の仕置きしことは、いずれの流にもかぎるべからず

四 茶道は点前を専一にして、意を次ぎにせよ

茶のものは意を専一にして点前を次ぎにせよ

茶道は下手にててもよし、数寄者は下手にてはせんなきこと也

五 点前は飯 をとりて飯を喰い、汁椀をとりて汁を吸い、箸をとりおきする如くなるを成就と申す也




# by kuyugengen | 2018-05-12 17:22 | よもやま雑宝帳

沢の蛍

d0133199_10023786.jpg

刻々と暮ゆく(とき)を追いかけて

          蛍狩りするたまゆら儚し

d0133199_15310478.jpg


ゆうざりは蛍光りて乱舞する

          伊賀のやま里水は甘しや




伊賀窯の福森さんのお宅へ行ったのは、もう何年か前のことです。今では蛍が多くでる年とそうでない年があるようですが、私達が大勢で行った時は、「珍しいこんな蛍見たこともない!」と驚かれるほどの乱舞でした。手のひらにも沢山寄ってきたのを今のことのように覚えています。そんなことを思い出しながら歌を詠み絵を描いてみました。




# by kuyugengen | 2018-05-11 10:08 | よもやま話

あじさゐの花・杜若・蛙


若葉寒とでもいうのでしょうか?とても寒い日が続きます。今まで牡丹の花をたくさん描いたので、あじさゐの花と蛍の絵を描いてみました。街を歩いていても紫陽花の粒が段々大きくなっています。この時期は、花を追いかけるのも盛りが早いので忙しいことです。私の絵を見ていると友禅のような絵のタイプになる?キモノが好きな精でもあるのでしょうか?先日日本橋の展示会場に出雲和紙の安部榮四郎さんがお見えになり販売されていたので、黒の和紙を求めました。今回描いてみましたが描きやすい和紙でした。

d0133199_17481054.jpg

あじさゐのつぶひろがりて毬となり


藍のつゆけき花の彩り


d0133199_08191548.jpg

あじさゐや人の心も花の色

          移ろいやすき色かわりせし

d0133199_08192740.jpg

d0133199_08193386.jpg


d0133199_09122810.jpg



# by kuyugengen | 2018-05-09 17:52 | よもやま話