永井百合子が提案する・・・遊びや茶事の愉しみ


by kuyugengen

盂蘭盆会のお飾り

d0133199_12443048.jpeg


盂蘭盆会を迎える時期に台風の到来とは、自然の力は思うようにはいかないものです。今日は、長岡の旧家の、とある御家のご立派な霊前のお飾りを紹介します。稽古の時にお盆のお迎えは大変という話を聞き、是非写真見たいと、おねだりした所、今日、画像が添付されました。ほうずきの飾りは、灯を表すのでしょうか?「ご立派なお迎え」に感動しました。今日は大文字さんは送り火の日です。初秋の近まる日を願います。



d0133199_12442198.jpeg


♪精霊をはこびて暑き大文字  (いつき)()高く 舞いあがる 




# by kuyugengen | 2019-08-16 12:46 | よもやま話 | Comments(0)

東京タワーのお散歩

d0133199_21471083.jpg


夕方少し涼しくなったので、東京タワーまでお散歩しました。一駅ウオーキングくらいの楽な散歩ですが、タワー入り口までの坂は、息きれがする。夕方はプロジェクションマッピングが投影されているので大勢の人で賑わっていました。花火・金魚・向日葵などの投影でしたが、さほどの物ではなかった。まぁ少し歩けただけで良かったということです。


d0133199_21480693.jpg




d0133199_21442683.jpg

d0133199_21442197.jpg

# by kuyugengen | 2019-08-11 21:46 | よもやま話 | Comments(0)

仕覆のあれこれ

d0133199_08005351.jpg


7月の稽古で丹精された2種の仕覆ができていたので紹介します。一つは香合の仕覆です。形が複雑で、仕覆を付けると箱に入らない。そんな訳で天・地に全体の形を写して挟みこんだ間にテープを創り、かがり縫いした袋ものです。シンプルで器物の保護も叶い又要望を満たすことができたことは良かったです。




d0133199_08005730.jpg


この袋ものは、お気に入りの帛紗を“折らずに使いたい”という要望もあり、考えた袋です。今回は、私のオリジナルのペルシャ錦の切れを選び、友人への注文で制作された作品です。生地に張りもあり、保護することもできています。丁寧に仕立てられていて素晴らしい作品です。



# by kuyugengen | 2019-08-09 08:02 | 仕覆ってなんだろう! | Comments(0)

熱波の日々・・・!

d0133199_07381234.jpg



異常気象といっても、何と暑いこの夏でしょう。ドアを開ければ熱波の波。誠に驚きの梅雨あけです。体温以上の温度とは、温暖化は恐ろしいことです。そんな時でも天を指して咲いているのは、「向日葵の花」ご立派なれ!私は涼しくなったらゴッホの向日葵の花の絵を見に行きたいと思っています。夕方銀座に買い物に出かけると、歩行者天国で「浴衣で歩こう銀ブラ」と銘打っていたので、涼しそうに浴衣のお嬢さんや上布の若婦人が同伴で、とても爽やかなお顔で銀ブラを楽しむ風景を見た。まるで向日葵の花のような人々。私の「東京ぶらぶら歩き」は、ひと休み。もう一息がんばりましょう・・・!
        

♪天に伸ぶ 王者のごとし金のはな 熱波の波に むんずと立てる♪





# by kuyugengen | 2019-08-04 07:43 | よもやま話 | Comments(0)

土用の梅しごと・・・!

d0133199_21462266.jpg



今日は、インターネットの工事も済み、暑い中無線ランのモデムを買いに出かけました。何とか接続も出来て、一連の作業も、ほぼ終わりほっとしました。誠に新しい学びの多い月でした。昔より33晩の土用干しという伝えがありますが、今年は雨も多く梅仕事をする人は漬けた梅にカビが生えないようにと「ハラハラドキドキ」の日が続いたようです。天日干しをすることで長期の保存も叶い、梅も、ほんのり赤く染まる美しい景色が見られる日和です。私の弟子の中では、まだ若い方ですが、毎年梅を漬けるという方があり感心しています。お相伴楽しみにしています。腎臓病に梅は大敵ですが、魚を煮る時や梅ご飯で少しは有難いことです。




d0133199_21462798.jpg


♪籠の中 三日三晩の土用干し 梅の香たちて赤くそまらむ♪


d0133199_16255507.jpg

友人の梅干し創りも無事に済み瓶詰めをして、今日は、道具類の天日干しの日のようでした。芝生の緑に美しい景色です。お天気は申し分ない梅日和で良かったですね。一粒の梅干を丹精込められての「梅しごと」は成程と感心しました。







# by kuyugengen | 2019-08-02 20:56 | よもやま話 | Comments(0)
d0133199_20501217.jpg

ここ数日は、暑さに当たったようで、お昼のおかずも張り切って作れなかった。陽射しのきつい時間にスーパーに買い物に行くのも、ためらわれました。初めての経験です。そんな時、新玉ねぎを影干しして送って下さり、大きな丸々の玉ねぎは、白と紫です。簡単にできる「玉ねぎのステーキ」を作りました。輪切りの玉ねぎに串打ちして胡麻油で弱火に焼き・数を揃えて天に鮭の水煮缶をほぐし・溶けるチーズを乗せて、小さな小海老を撒く、レンジで温めなおす。簡単な料理ですが、みなさまに喜んで頂きました。「おいしく頂戴いたしました。」猛暑の中元気にお出かけ頂き感謝いたします。暑さにも少し慣れればもう少し楽になるやもと思っています。


d0133199_20500696.jpg



# by kuyugengen | 2019-07-31 20:54 | よもやま話 | Comments(0)

ノリウツギの花の開花

d0133199_10244674.jpg

あじさゐ系の花の種類も「ノリウツギ」が最後を飾る花です。今年は、お嫁さんの管理している花壇にも沢山の花をつけたようです。真白く豪華な花は、大好きです。花は枯れてからも、生成り色になり翌年の初冬まで持ちこたえる。昔和歌山の農家では、娘を嫁に出す時は、「ノリウツギの花が無くなるまで帰るな」と言って送り出す習わしがあったようです。面白い表現ですね!金沢の小庭には、槿やあさがほ・風船葛なども成長しているようです。とても楽しみです。




# by kuyugengen | 2019-07-29 10:28 | お花 | Comments(0)
d0133199_21424628.jpg


長くお目にかからないお人ですが、欠かさず好物の西瓜をお贈り頂く方があります。この方は信州の方です。所が今日は、新潟の有名な西瓜も届き、まずは、冷蔵庫にカットした西瓜さまが入るように空きをつくることです。カットすれば冷蔵しなくてはいけないので頭を抱える所です。流石の好物も3個あれば気も大きくなります。食後のデザートは、皆さまにお相伴して頂きます。暑い日も続くのでご馳走です。ありがとうございます。

  ♪まんまろき甘き西瓜の恵みあれ 割れたる色は秋海棠(しゅうかいどう)花のごとし♪



# by kuyugengen | 2019-07-28 21:43 | よもやま話 | Comments(0)

サントリー美術館は、芸術財団50周年記念“遊びの流儀”という展覧会が催されています。夕方の間ぎわでしたが、滑り込みました。「遊びをせむとや生れけむ」を表題にこの展覧は優雅な遊びの妙味が纏められていました。贅を尽くした衣装の大胆さが魅力的です。遊びの極意と浮き世離れした賑やかさに驚く風物でした。元禄の町衆のキモノの装い方も、ゆったりとした着付けは、流石にキモノしかなかった時代の身のこなしで色っぽい!

d0133199_08403880.jpg

室町時代にポルトガルの船員たちから伝わった“トランプ”を日本で創り変えたカルタです。ウン(um)は1、スン(sum)は最高の意のポルトガル語から来ているカルタです。私はこのカルタが愉しみだったので、是非見たいと思いました。このカルタは、日本の美術品や茶道具の意匠にも使われていて中々洒落たカルタです。その中で野菜尽くしのカルタもあり、私は絵を描くお手本になると思いました。



# by kuyugengen | 2019-07-25 08:39 | Comments(0)

フランスのお土産

d0133199_20523126.jpg


今日は、一対一の余裕のある稽古をしました。この方は、先日フランスの田舎町である、南西フランス建造物をまわる一人旅をされたそうです。今日は、思い出のある精密な織物のワンピースをリメイクしてバック創りを試みられました。来月は完成予定となったので、大満足でお帰りになりました。布の関係上ちょっと工夫もいったので、今日はスペシャルな日でよかった。フランスのホテルでコツコツ創られたという「ラベンダースティック」を頂戴しました。紫のリボンを編んでなんと美しい!嬉しいお土産ありがとう。


d0133199_08143568.jpg

d0133199_08143019.jpg

         ♪荘厳なステンドグラス陽をあびて 聖なる青の物語かたる♪





# by kuyugengen | 2019-07-23 20:50 | よもやま話 | Comments(0)